月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子は仙台育英がアンカー勝負を制してV、女子は学法石川が1区から首位を守って優勝/東北高校駅伝

東北高校駅伝は11月11日、山形県長井市のながい黒獅子ハーフマラソンコースで行われ、男子(7区間42.195km)は仙台育英(宮城)が2時間7分46秒で優勝。女子(5区間21.0975km)は学法石川(福島)が1時間11分45秒で制した。

男子の仙台育英は、2時間3分46秒をマークした県大会(10月17日)からメンバー6人を入れ替えて出場。1区は県大会でアンカーだった佐藤蓮(2年)が務め、3位ながらトップの学法石川(福島)・小田切幹太(2年)から7秒差でまとめた。だが、2、3区でやや苦戦。第3中継点(3区→4区)では3区のジョセフ・ムイガイ(2年)の区間賞で先頭に立った青森山田(青森)から55秒差をつけられた。

反撃は4区から始まり、二村昇太朗(3年)がトップの学法石川から11秒差の2位で中継すると、5区の庄司晃葉(2年)は区間賞で逆転。6区で学法石川に1秒先行されたが、7区の後村光星(2年)が区間賞の走りでアンカー勝負を制し、3連覇を達成した。学法石川は13秒差の2時間7分59秒で2位。3区で首位に立った青森山田は2時間9分15秒で3位だった。

女子は学法石川が県大会から3人を入れ替えつつも、主導権を終始握った。1区の平尾暁絵(2年)が区間賞発進すると、県大会でも同区間を務めた3区三科文(2年)と4区佐藤美空(1年)の2人も区間トップでリードを拡大。アンカーの田子明花莉(1年)も区間賞で独走劇を締めくくった。

2位は1時間12分45秒で青森山田(青森)。3位は、1時間7分12秒をマークした宮城県大会からメンバーを全員入れ替えた仙台育英が1時間13分19秒で入った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com