月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

全日本実業団対抗女子駅伝のエントリー選手発表 廣中、新谷、一山、鈴木ら東京五輪代表勢やベテラン福士も登録


日本実業団陸上競技連合は11月11日、宮城県で11月28日に開催される第41回全日本実業団女子対抗駅伝(クイーンズ駅伝in宮城)のエントリー選手を発表した。

大会は松島町文化観光交流館前をスタート、仙台市陸上競技場(弘進ゴムアスリートパーク仙台)をフィニッシュとする7区間42.195kmで行われる。今回は前回第40回の記念大会枠(6チーム)が繰り延べされたため、10月24日の予選会(プリンセス駅伝)から20位までが出場権を獲得。前回の入賞8チームと合わせた28チームが競う。

エントリーは各チーム最大10名まで登録することができる。3連覇を目指すJP日本郵政グループは東京五輪で10000m7位入賞の廣中璃梨佳、マラソン代表の鈴木亜由子に加え、大西ひかりを含めた前回区間賞3人のほか、小坂井智絵ら勢いのあるルーキーも名を連ねた。一方で、2019年日本選手権10000m優勝やジャカルタ・アジア大会5000m代表など経験豊富な鍋島莉奈が外れている。

前回2位の積水化学は東京五輪の10000m代表・新谷仁美や1500m代表・卜部蘭に加え、安定感のある佐藤早也伽らJP日本郵政グループと激闘を演じた選手が全員エントリーされている。前回3位の豊田自動織機は14年仁川アジア大会10000m銅の萩原歩美を登録。昨年トップ3の経験者がほぼ顔をそろえた。

前回4位のワコールは、東京五輪マラソン8位の一山麻緒や10000m代表の安藤友香が順当にエントリー。また前回大会を「駅伝ラストラン」としていた福士加代子も名を連ねている。

プリンセス駅伝を大会新で1位通過した資生堂からは1区区間賞の木村友香と5区区間賞の高島由香、2位通過の天満屋は小原怜や東京五輪マラソン代表の前田穂南もエントリーされている。

この他、エディオンは東京五輪5000m代表の萩谷楓、ダイハツは東京五輪マラソン代表補欠の松田瑞生らの名前もあり、晩秋の宮城路は盛り上がりそうだ。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com