月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪競歩代表の愛知製鋼コンビがV宣言!山西「最高のパフォーマンスをしたい」、丸尾「自分の力を発揮して金メダルを」


東京五輪男子20km競歩代表の山西利和(愛知製鋼)と、同男子50km競歩代表の丸尾知司(同)が6月25日、オンライン記者会見に臨み、約40日後に迫った本番に向けての意気込みを語った。

会見は愛知製鋼陸上競技部が「ふるさと大使」を務めている愛知県東海市の主催で行われた。

「今のところは順調。一つひとつ手順を踏んで最高のパフォーマンスを発揮したいです」と意気込んだ山西。19年10月のドーハ世界選手権で金メダルを獲得した後は「ベース作りをしてきて、いろんなペースに対応できるようにしてきた」と振り返った。レースまであと1ヵ月余り。「ピーキングを大事にして、レースをコーディネートできるようにしていきたい。東京五輪だけでなく何年も勝ち続けられるようなレースを支配する力を高めて、自分の中の『幅』を出したい」と語った。

レース本番のポイントについては「しっかりと力を出し切ることが大事。僕にとってはあまりスローにならずに、『削り合う』展開になれば」と話した。また、ドーハ世界選手権で同じ金メダルを獲得しながら、コンディション不良で東京五輪50km競歩代表を辞退した鈴木雄介(富士通)については「一刻も早い回復を祈っています」と山西。以前から合宿などで共にすることがあり、フォームや貪欲な姿勢などを学んできた。「またバチバチと競えることを楽しみにしています」とエールを送った。

一方、29歳の丸尾は「自分の力を精いっぱい発揮したい」と力を込めた。代表内定を決めた4月の日本選手権50kmは終盤に野田明宏(自衛隊体育学校)を振り切って優勝。だが、「ラスト5kmにペースダウンしてしまった」と課題を挙げ、五輪レースでは「35kmでペースを上げて、さらにラスト5kmでも上げていきたいです」と話していた。

京都府出身で競歩を始めたのは洛南高時代。「当時の顧問の先生から『枯れても腐るな』という言葉が今でも心に残っている。それを力にしながらがんばってきました」。それだけに地元には結果で恩返ししたい気持ちがある。「金メダルを持って帰りたいです」と力強く語った。

4学年下となる山西も京都出身(堀川高―京大)。「一緒に出ることにうれしく感じた」と語り、山西も「大学時代から一緒に競歩をやってきて、心強い存在」と頼もしい先輩への思いを口にした。そして、チームの拠点となる東海市については2人とも「練習で応援してもらい、力になっている」と感謝していた。

東京五輪の競歩は、北海道札幌市の大通公園で行われ、男子20kmは8月5日16時30分、男子50kmは8月6日5時30分にそれぞれスタートする。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com