月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

100mH日本記録保持者・寺田明日香13秒11で予選を悠々トップ通過 青木益未は欠場、木村文子は3着でギリギリ通過/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の2日目。女子100mハードル予選が行われた。4組あり各組3着と4位以下の記録上位4人が準決勝へ。

12秒87の日本記録保持者・寺田明日香(ジャパンクリエイト)が2組に登場し、悠々走って13秒11(-0.3)でトップ通過を果たした。3組目に入った13秒00を持つ鈴木美帆(長谷川体育施設)は13秒26(-0.1)で1着。4組目の木村文子(エディオン)は13秒47秒(+0.5)で3着とギリギリ通過した。この組トップは玉置菜々子(国士大)で13秒32の自己新。

準決勝は今日の19時50分から行われる。この種目の参加標準記録は12秒84で、突破して3位以内に入った選手は代表に内定。なお、寺田と同じく日本記録を持つ前回優勝の青木益未(七十七銀行)は左ハムストリングス痛のため欠場している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com