月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子100mで石川がU20日本歴代3位の11秒48!伊藤陸が走幅跳で8m00など随所に好記録/日本学生個人


◇日本学生個人選手権(6月4日~6日/神奈川・レモンガススタジアム平塚、ハンマー投のみ相模原ギオンフィールド)

昨年はコロナ禍で中止となり、2年ぶりの開催。特にコンディションに恵まれた2日目に好記録が生まれた。

女子やり投では武本紗栄(大体大)が自己ベストを3m41㎝も更新する日本歴代4位の62m39(大会新)を放って優勝。東京五輪参加標準まであと1m61cmと迫るビッグアーチとなった。

女子100mでは予選から好条件にも恵まれて、ハイパフォーマンスが飛び出した。なかでも目立ったのは昨年の全国高校大会100m、200mで2冠に輝いた石川優(青学大)だ。

神奈川・相洋高出身のルーキーは予選でいきなりU20日本歴代3位、学生歴代5位の11秒48(+1.5)をマーク。自己ベストを0.08秒更新すると、準決勝11秒51(+0.8)、決勝11秒58(+0.4)とハイパフォーマンスを連発して快勝した。日本が4×100mリレーの東京五輪出場権を獲得した5月1日、2日の世界リレーでは代表に選ばれたもののの出走機会がなかった。だが、短距離2冠に輝いた5月下旬の関東インカレに続き、好調を維持。日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)では日本最速女子争いに大きく絡みそうだ。

この他、世界リレー4継で3走を務めた齋藤愛美(大阪成蹊大)が準決勝で追い風参考ながら11秒46(+2.1)をマーク。2走を務めた兒玉芽生(福岡大)が予選で11秒59(+0.2)を出した。2人は決勝を棄権したが、約3週間後の長居を見据えているだろう。東京五輪リレー代表選考にも関わるだけに石川を含め、学生スプリンターに注目が集まる。

男子走幅跳では伊藤陸(近大高専)が自己記録を15㎝伸ばす8m00(+1.5)で優勝。三段跳では16m35のU20日本記録保持者で日本インカレ2連覇の実力者だが、走幅跳でも昨年の日本選手権では3位に入っている。初の8mジャンプで、近年ハイレベルのこの種目でも存在感が高まりそうだ。

男女の5000mはそろって大会新記録が生まれた。男子は市村朋樹(東海大)が従来の大会記録を0.45秒更新する13分45秒20の自己ベストで優勝。女子5000mは5月の日本選手権10000m3位の小林成美(名城大)が15分33秒69で制し、終盤まで先頭を引っ張っていた不破聖衣来(拓大)が15分34秒12で2位。2人とも自己新だった。

初日と最終日は時折雨が強く降るなど、あいにくの天気だったが、選手たちは奮闘。初日の女子100mハードルでは玉置菜々子(国士大)が学生歴代8位タイ、大会新の13秒30(+1.4)で優勝した。

3年生の玉置は2週間前の関東インカレで追い風参考ながら13秒19(+4.2)で2位。予選で13秒52(+0.1)の自己新をマークしている。公認では0.22秒短縮して「びっくりしています」と言葉を弾ませた。

高校時代はインターハイ準決勝落ち。大学では昨年まで七種競技をやっていたが、それも専門のハードル種目に向けた体幹強化が目的だった。「(十種競技日本記録保持者の)右代啓祐(国士舘クラブ)さんからもトレーニングを教わっています」。そうして走力がついてきたという。

また、2位には1年生の岩佐茉結子(東学大)がU20日本歴代6位の13秒44で食い込んだ。

男子110mハードルは、13秒55(学生歴代7位)を自己記録に持つ徳岡凌(立命大)が追い風参考ながら大会記録(13秒54)を上回る13秒50(+3.8)でV。男子5000m競歩は東京五輪20km代表補欠の古賀友太(明大)が40分16秒88で快勝した。

最終日は女子円盤投で齋藤真希(東女体大)が大会新の55m01で、2位に5m42㎝差をつけて圧勝。男子円盤投は幸長慎一(四国大大学院)が56m71で制し、2日目の砲丸投(17m76)と合わせて今大会ただ1人の2冠を達成した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com