月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子10000mでハッサンが29分06秒82の世界新! 従来の世界記録を10秒以上更新/FBKゲームス


6月6日、ヘンゲロ(オランダ)でWA(世界陸連)コンチネンタルツアー・ゴールドのFBKゲームスが開催され、女子10000mでS.ハッサン(オランダ)が29分06秒82の世界新記録を樹立した。従来の世界記録はA.アヤナ(エチオピア)が2016年のリオ五輪で出した29分17秒45。

2019年世界選手権1500m、10000m金メダリストのハッサンはこれが今季初の10000m。2000mまでペースメーカーが引っ張った後、独走状態となるなか3000mを8分48秒、5000mを14分38秒で通過。世界記録を上回るペースを維持し続け、9000mからの1000mを2分45秒でカバーして快挙につなげた。

28歳のハッサンはエチオピア出身。15歳だった2008年に難民としてオランダへ移住し、13年にオランダ国籍を取得している。昨年10月には世界歴代4位の29分36秒67をマークしていた。

■女子10000m世界歴代5傑
29.06.82 S.ハッサン(オランダ)21年
29.17.45 A.アヤナ(エチオピア)16年
29.31.78 王 軍霞(中国)    93年
29.32.53 V.チェルイヨット(ケニア)16年
29.42.56 T.ディババ(エチオピア)16年



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com