HOME 学生長距離

2021.05.20

原晋監督が公認記録会をプロデュース 青学大は13分台が20人に到達/絆記録挑戦会
原晋監督が公認記録会をプロデュース 青学大は13分台が20人に到達/絆記録挑戦会


 青学大の原晋監督が代表を務める「アスリートキャリアセンター絆ランニング倶楽部」は5月19日、東京・町田市立競技場で男子5000mの公認競技会「第1回絆記録挑戦会」を開催し、戸田雅稀(SGホールディングス)が13分53秒52で総合トップを占めた。

青学大のエース・岸本が復調

 気温は20度を下回り、雨上がりで無風という好コンディション。17時45分から5000mが4組行われ、各組の1着には協賛団体から賞品が贈られた。レースの様子はインターネットでライブ配信され、原監督が自ら解説を務めて大会を盛り上げた。

各組の1着には青学大の原晋監督(右)から賞品が手渡された。中央は13分53秒52で5000m総合トップを占めた戸田雅稀(SGホールディングス)

 最終組では戸田のほかに青学大の中倉啓敦、岸本大紀(ともに3年)、野村昭夢(1年)が13分台をマーク。これで青学大は5000m13分台ランナーが20人に到達した。

 1年時に箱根駅伝2区(23.1km)で1年生日本人歴代最高タイム(1時間7分03秒)を出している岸本は、自己ベストを約2年ぶりに更新する13分58秒18。昨年度は右股関節疲労骨折など故障の影響でほとんどレースに出られなかったが、チーム20人目の13分台ランナーとなって復調ぶりを示した。「まだ6~7割の状態。(今日は)13分台を出せればと思っていました。出雲駅伝までにしっかり調子を上げていければ」と近況を明かした。

大学生は青学大の中倉啓敦(7)、岸本大紀(6)、野村昭夢(13)が13分台をマーク

箱根駅伝出場校が参戦

「絆ランニング倶楽部」は市民ランナーからトップアスリートまで陸上競技を愛するすべてのランナーを対象に、ランナー同志の交流やセカンドキャリア支援、駅伝大会への出場などを目的に発足。原監督が代表理事を務める財団法人アスリートキャリアセンターが運営し、今回は町田市陸協や青学大陸上部が協力して市民ランナーも出場できる競技会を開催した。

 これまで青学大は定期的に部内で5000mのタイムトライアルを実施してきたが、それを初めて公認の競技会としてプロデュースして開放したかたちだ。青学大のほかにも創価大、国士大、専大といった箱根駅伝出場校や、原監督がアドバイザーを務めるGMOインターネットグループ、全国高校駅伝の常連である山梨学院高などの選手も出場。大学生は翌日から始まる関東インカレには出場しない選手たちがエントリーし、現時点での実力を確かめた。駅伝ファンも観戦に駆けつけ、かつて青学大が練習拠点としていた町田市立競技場は熱気に包まれた。

東京五輪マラソン代表補欠の橋本崚(GMOインターネットグループ、右)も練習の一環として出場。2組で14分33秒86、4組で14分32秒12と2レースを走った

「こうしてトラブルなくスタートラインに立てて、公認記録が出せるのは当たり前じゃない、ということを選手たちに伝えたい。町田市陸協のみなさんに感謝ですね」と総括した原監督。絆ランニング倶楽部の活動については「(アスリートは)現役を引退したら終わりではなくて、こういう場を活用してほしい。陸上競技を好きになってほしい」とアピールした。

 7月4日には相模原ギオンスタジアムで第2回大会を予定しており、5月30日には絆ランニング倶楽部の総会(活動説明会)も開催。原監督はさまざまな切り口から陸上界の盛り上げに尽力している。

 青学大の原晋監督が代表を務める「アスリートキャリアセンター絆ランニング倶楽部」は5月19日、東京・町田市立競技場で男子5000mの公認競技会「第1回絆記録挑戦会」を開催し、戸田雅稀(SGホールディングス)が13分53秒52で総合トップを占めた。

青学大のエース・岸本が復調

 気温は20度を下回り、雨上がりで無風という好コンディション。17時45分から5000mが4組行われ、各組の1着には協賛団体から賞品が贈られた。レースの様子はインターネットでライブ配信され、原監督が自ら解説を務めて大会を盛り上げた。 各組の1着には青学大の原晋監督(右)から賞品が手渡された。中央は13分53秒52で5000m総合トップを占めた戸田雅稀(SGホールディングス)  最終組では戸田のほかに青学大の中倉啓敦、岸本大紀(ともに3年)、野村昭夢(1年)が13分台をマーク。これで青学大は5000m13分台ランナーが20人に到達した。  1年時に箱根駅伝2区(23.1km)で1年生日本人歴代最高タイム(1時間7分03秒)を出している岸本は、自己ベストを約2年ぶりに更新する13分58秒18。昨年度は右股関節疲労骨折など故障の影響でほとんどレースに出られなかったが、チーム20人目の13分台ランナーとなって復調ぶりを示した。「まだ6~7割の状態。(今日は)13分台を出せればと思っていました。出雲駅伝までにしっかり調子を上げていければ」と近況を明かした。 大学生は青学大の中倉啓敦(7)、岸本大紀(6)、野村昭夢(13)が13分台をマーク

箱根駅伝出場校が参戦

「絆ランニング倶楽部」は市民ランナーからトップアスリートまで陸上競技を愛するすべてのランナーを対象に、ランナー同志の交流やセカンドキャリア支援、駅伝大会への出場などを目的に発足。原監督が代表理事を務める財団法人アスリートキャリアセンターが運営し、今回は町田市陸協や青学大陸上部が協力して市民ランナーも出場できる競技会を開催した。  これまで青学大は定期的に部内で5000mのタイムトライアルを実施してきたが、それを初めて公認の競技会としてプロデュースして開放したかたちだ。青学大のほかにも創価大、国士大、専大といった箱根駅伝出場校や、原監督がアドバイザーを務めるGMOインターネットグループ、全国高校駅伝の常連である山梨学院高などの選手も出場。大学生は翌日から始まる関東インカレには出場しない選手たちがエントリーし、現時点での実力を確かめた。駅伝ファンも観戦に駆けつけ、かつて青学大が練習拠点としていた町田市立競技場は熱気に包まれた。 東京五輪マラソン代表補欠の橋本崚(GMOインターネットグループ、右)も練習の一環として出場。2組で14分33秒86、4組で14分32秒12と2レースを走った 「こうしてトラブルなくスタートラインに立てて、公認記録が出せるのは当たり前じゃない、ということを選手たちに伝えたい。町田市陸協のみなさんに感謝ですね」と総括した原監督。絆ランニング倶楽部の活動については「(アスリートは)現役を引退したら終わりではなくて、こういう場を活用してほしい。陸上競技を好きになってほしい」とアピールした。  7月4日には相模原ギオンスタジアムで第2回大会を予定しており、5月30日には絆ランニング倶楽部の総会(活動説明会)も開催。原監督はさまざまな切り口から陸上界の盛り上げに尽力している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top