月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

円盤投・齋藤真希が大会新で3連覇!「55~56mを安定させたい」/関東IC

◇関東インカレ(5月20~23日/神奈川・相模原)

関東インカレ女子円盤投は齋藤真希(東女体大)が4回目に54m56を投げて優勝。1年時から3連覇を達成した。

1投目から53m45を放ち、「試合の入りは良かった」と齋藤。その後も6投目のファウル以外はすべて52mを超えるなど安定していた。「ターンの入りがようやく今シーズンの中で安定していたので、やっと(シーズン)スタート」と笑顔。だが、「1投目がよかったし、調子も悪くなかったので自己ベストくらいまで伸ばしたかった」と、55m53の自己記録に届かず悔しがった。

中学時代から数々の“最高記録”を打ち立ててきた齋藤。だが、学生記録は郡菜々佳(当時・九州共立大、現・九州共立大院)が2019年に樹立した59m03で、日本記録でもある。中学、高校学年別、U18、U20とすべての記録を持つが、次は日本記録を更新しなければ“新記録”に届かない。

「技術面ではターンの入りも良くなってきています。そこを安定させたい」と手応えを感じつつ、「ウエイトトレーニングの数値がまだ上がっていなくて、基礎体力をもっとつけて身体も大きくしないと」と課題も自覚している。今年は延期となったが、学生のうちに目指しているのはワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)。代表に選ばれるためにも「まずは55~56mを安定させたい」と意気込んでいる。

これで関東インカレ3連覇。「意識しています」ときっぱり話す史上3人目の4連覇に向け、そしてさらなる高みへ、齋藤は成長の歩みを止めるつもりはない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com