HOME 国内

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP
400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

48秒36の好記録で24年セイコーGGPの400mHを制した豊田兼(慶大)

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。

男子400mハードルで好記録が誕生。すでにパリ五輪参加標準記録(48秒70)を突破していた豊田兼(慶大)が、日本歴代5位、学生歴代3位となる48秒36をマークした。前週の関東インカレでは400mの準決勝では学生歴代10位の45秒57。「400mのバックストレートのスピードに比べるとヨンパーのほうが少し遅いので、調整しやくすなりました」とスピードを生かした。

それでも連戦のなかで左ハムストリングスにやや違和感がある状況で「自己ベストが出るとは思っていなかった」とし、「日本選手権やパリ五輪に向けてもっとタイムを上げていけるという良いレースになりました」と笑顔を見せた。

男子100mは波乱の展開に。予選で10秒07(+1.0)をマークしていたサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、そして同組で10秒10を出していた坂井隆一郎(大阪ガス)がいずれも決勝でケイレンを起こして失速。そうしたなか、しっかり勝ちきったのは栁田大輝(東洋大)だった。

「スタートをちゃんと出れば勝負できるとわかっていました」と言い、2人が前に出てこなかったことに驚きつつ「動揺せずしっかり勝てたのは良かった」と話す。この後はダイヤモンドリーグ・ユージン大会に初出場する予定だ。

サニブラウンは「右のふくらはぎと左ハムストリングスがケイレンした。予選で参加標準記録(10秒00)を切るつもりで思いっきりいこうと思っていたけど…」と話す。坂井は「スタート前から両ふくらはぎと右内転筋をつっていた」と状況を明かした。

女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストで優勝。今季3連勝を飾った。男子110mハードルは村竹ラシッド(JAL)が13秒22(-0.6)をマークし、2位に0.28秒差の完勝。女子100mハードルは呉艶妮(中国)が12秒80(-0.6)の好記録で制し、田中佑美(富士通)が12秒90の2位、日本記録保持者の福部真子(日本建設工業)が13秒00の3位だった。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 男子400mハードルで好記録が誕生。すでにパリ五輪参加標準記録(48秒70)を突破していた豊田兼(慶大)が、日本歴代5位、学生歴代3位となる48秒36をマークした。前週の関東インカレでは400mの準決勝では学生歴代10位の45秒57。「400mのバックストレートのスピードに比べるとヨンパーのほうが少し遅いので、調整しやくすなりました」とスピードを生かした。 それでも連戦のなかで左ハムストリングスにやや違和感がある状況で「自己ベストが出るとは思っていなかった」とし、「日本選手権やパリ五輪に向けてもっとタイムを上げていけるという良いレースになりました」と笑顔を見せた。 男子100mは波乱の展開に。予選で10秒07(+1.0)をマークしていたサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、そして同組で10秒10を出していた坂井隆一郎(大阪ガス)がいずれも決勝でケイレンを起こして失速。そうしたなか、しっかり勝ちきったのは栁田大輝(東洋大)だった。 「スタートをちゃんと出れば勝負できるとわかっていました」と言い、2人が前に出てこなかったことに驚きつつ「動揺せずしっかり勝てたのは良かった」と話す。この後はダイヤモンドリーグ・ユージン大会に初出場する予定だ。 サニブラウンは「右のふくらはぎと左ハムストリングスがケイレンした。予選で参加標準記録(10秒00)を切るつもりで思いっきりいこうと思っていたけど…」と話す。坂井は「スタート前から両ふくらはぎと右内転筋をつっていた」と状況を明かした。 女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストで優勝。今季3連勝を飾った。男子110mハードルは村竹ラシッド(JAL)が13秒22(-0.6)をマークし、2位に0.28秒差の完勝。女子100mハードルは呉艶妮(中国)が12秒80(-0.6)の好記録で制し、田中佑美(富士通)が12秒90の2位、日本記録保持者の福部真子(日本建設工業)が13秒00の3位だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top