月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【ハンマー投】高校2年生・村上来花が59m51の高校新で5位入賞/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)2日目

女子ハンマー投に出場した高校2年生の村上来花(弘前実高・青森)が3回目に59m51を投げて5位入賞。自身が8月にマークした58m81の高校記録、U18日本記録を更新した。

「最初は少し緊張しましたが、すぐに大丈夫になりました」という村上は1回目から57m31を投げると、2回目には58m22と記録を伸ばし、3回目に高校新。6回目にも59m21と堂々のパフォーマンスを発揮した。「初めての大きな大会で安定した試合ができてよかった」と村上。高校新スローは「行ったという感触が手に伝わって気持ちよかったです」と笑顔を見せる。試合には「あまり技術のことを考えず、すごい選手の投げを見られることが光栄」と雰囲気を味わった様子。「次は60mの壁を超えて、誰にも抜かされないような記録を出していきたいです」と目標を掲げた。

女子ハンマー投高校歴代5傑
59.51 村上 来花(弘前実高2青森)2020.10. 2
56.84 関口 清乃(進修館3+埼玉) 2016. 3.26
56.79 奥村梨里佳(添上3奈良) 2019. 8. 4
56.46 勝山 眸美(進修館3埼玉) 2012.10. 6
56.09 渡邉ももこ(敦賀3+福井) 2019. 3.23



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com