HOME 国内

2024.03.23

女子ハンマー投でマッカーサー・ジョイが70m51の日本新!自身の記録を62cm更新し、日本女子初の70mオーバー
女子ハンマー投でマッカーサー・ジョイが70m51の日本新!自身の記録を62cm更新し、日本女子初の70mオーバー

70m51の日本新をマークしたマッカーサー(左)【本人提供】

3月22日に米国・ロサンゼルスで行われた「Ron & Sharlene Allice Trojan Invitational」(ロン&シャリーン・アリストロイ招待)女子ハンマー投で、マッカーサー・ジョイ(NMFA)が70m51の日本新記録を打ち立てた。従来の記録は、昨年4月上旬に行われたこの競技会でマッカーサー自身がマークした69m89。

マッカーサーは、1投目に68m59を放ったあと、2投目と3投目はファウル。4投目は64m91にとどまったが、5投目で自身の日本記録を62cm更新した。最終6投目はファウルだった。

広告の下にコンテンツが続きます

1999年7月に米国で生まれたマッカーサー。父は米国出身の元バスケットボール選手で、日本の大和証券やアイシンなどでも活躍したエリックさん。母親は日本人で、マッカーサーは2022年に日本国籍を選択した。

16年の全米ジュニア選手権で62m07を投げて優勝。同年のU20世界選手権には米国代表として出場経験も持つ。

昨年は4月上旬に、室伏由佳が持っていた日本記録を19年ぶりに2m12cm更新。同月下旬にも69m72を放っている。6月の日本選手権を初制覇すると、7月のアジア選手権は銀メダル。秋の杭州アジア大会は6位だった。

パリ五輪の同種目の参加標準記録は74m00と、3m以上もの差があるものの、日本女子として初めて70mの大台に到達。ハンマー投選手としてはまだまだ若手の24歳は、着実に世界との距離を縮めている。

広告の下にコンテンツが続きます
3月22日に米国・ロサンゼルスで行われた「Ron & Sharlene Allice Trojan Invitational」(ロン&シャリーン・アリストロイ招待)女子ハンマー投で、マッカーサー・ジョイ(NMFA)が70m51の日本新記録を打ち立てた。従来の記録は、昨年4月上旬に行われたこの競技会でマッカーサー自身がマークした69m89。 マッカーサーは、1投目に68m59を放ったあと、2投目と3投目はファウル。4投目は64m91にとどまったが、5投目で自身の日本記録を62cm更新した。最終6投目はファウルだった。 1999年7月に米国で生まれたマッカーサー。父は米国出身の元バスケットボール選手で、日本の大和証券やアイシンなどでも活躍したエリックさん。母親は日本人で、マッカーサーは2022年に日本国籍を選択した。 16年の全米ジュニア選手権で62m07を投げて優勝。同年のU20世界選手権には米国代表として出場経験も持つ。 昨年は4月上旬に、室伏由佳が持っていた日本記録を19年ぶりに2m12cm更新。同月下旬にも69m72を放っている。6月の日本選手権を初制覇すると、7月のアジア選手権は銀メダル。秋の杭州アジア大会は6位だった。 パリ五輪の同種目の参加標準記録は74m00と、3m以上もの差があるものの、日本女子として初めて70mの大台に到達。ハンマー投選手としてはまだまだ若手の24歳は、着実に世界との距離を縮めている。

女子ハンマー投 日本歴代10傑

70.51 マッカーサー・ジョイ(NMFA) 2024. 3.22 67.77 室伏由佳(ミズノ) 2004. 8. 1 67.26 綾真澄(丸善工業) 2006. 8.19 66.79 渡邊茜(丸和運輸機関) 2016. 5. 3 65.33 村上来花(九州共立大2) 2023. 4. 1 65.32 勝山眸美(オリコ) 2018. 6. 3 64.52 小舘充華(染めQ) 2023. 5. 3 64.44 佐伯珠実(チャンピオン) 2019. 9.22 62.94 藤本咲良(コンドーテック) 2023. 9.24 62.02 浅田鈴佳(武庫川女大クラブ) 2017. 6.23

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top