HOME 学生長距離

2023.12.20

【Playback箱根駅伝】第55回/順大が13年ぶり2度目の総合V 瀬古利彦が2区で区間新!
【Playback箱根駅伝】第55回/順大が13年ぶり2度目の総合V 瀬古利彦が2区で区間新!

第55回箱根駅伝/1区は牽制のなかスローペースとなり、日体大・照井典活(右から2人目)が1位となるものの、上位はほとんど差がつかなかった

第55回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績
1位 順大  11時間30分38秒
2位 日体大 11時間32分19秒
3位 大東大 11時間42分46秒
4位 早大  11時間43分08秒
5位 日大  11時間49分11秒
6位 東洋大 11時間54分21秒
7位 東農大 11時間54分31秒
8位 拓大  11時間57分53秒
9位 専大  11時間58分46秒
10位 国士大 12時間00分44秒
11位 東海大 12時間02分57秒
12位 駒大  12時間04分40秒
13位 中大  12時間05分01秒
14位 法大  12時間14分19秒
15位 亜細亜大12時間19分49秒
●区間賞
1区 照井典勝(日体大) 1時間05分18秒
2区 瀬古利彦(早大)  1時間12分18秒
3区 吉元政昭(大東大) 1時間07分40秒
4区 川口晴実(順大)  1時間04分52秒
5区 上田誠仁(順大)  1時間14分40秒
6区 酒匂真次(順大)  1時間00分00秒
7区 新地憲宏(日体大) 1時間06分19秒
8区 出口彰(日体大)  1時間07分06秒
9区 竹島克己(順大)  1時間15分56秒
10区 小山英士(日体大) 1時間06分29秒

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第55回(1979年/昭和54年) 順大・5区の上田誠仁でトップに浮上 日体大が復路で追うも1分41秒届かず

大会約1ヵ月前に、早大の瀬古利彦が福岡国際マラソンを制覇。マラソン界のホープへ向けて、沿道から大きな声援が飛び交った。 1区は3連覇を狙う日体大の照井典勝が区間賞で好スタートを切る。24秒差でタスキを受けた早大2区の瀬古は周囲の期待に応える走りを見せ、1時間12分18秒と区間新記録でトップに浮上した。 早大は5区の途中まで首位をキープしたが、4区の川口晴実、5区の上田誠仁と連続区間賞で猛追した順大が山上りで逆転し、5時間50分1秒で順大が2年連続の往路優勝を飾った。早大が往路2位、3位の日体大は順大から3分42秒の差をつけられた。 6区も順大の酒匂真次が区間賞を獲得。追う日体大は7区の新地憲宏、8区出口彰が区間1位で迫ったが、9区の順大エース・竹島克己が区間賞で日体大との差を4分20秒に広げて優勝を決定づけた。逃げ切りに成功した順大は11時間30分38秒で13年ぶり2度目の栄冠に輝いた。 日体大は10区でも小山英士が区間賞を獲得し、復路は3区間で区間賞、残り2区間も区間3位以内と力を見せたが、往路2区の中村孝生と5区の新宅雅也がアジア大会帰りのため、十分な調整ができなかったこともあり、3連覇には届かなかった。 往路5位の大東大が総合3位に押し上げ、往路2位の早大も後半区間で粘りを見せ、総合4位と健闘した。5区で堀一章が区間2位と力走した日大は、3年連続で総合5位だった。50回連続出場の中大は10年ぶりのふたケタ順位となる総合13位となった。 参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

第55回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績 1位 順大  11時間30分38秒 2位 日体大 11時間32分19秒 3位 大東大 11時間42分46秒 4位 早大  11時間43分08秒 5位 日大  11時間49分11秒 6位 東洋大 11時間54分21秒 7位 東農大 11時間54分31秒 8位 拓大  11時間57分53秒 9位 専大  11時間58分46秒 10位 国士大 12時間00分44秒 11位 東海大 12時間02分57秒 12位 駒大  12時間04分40秒 13位 中大  12時間05分01秒 14位 法大  12時間14分19秒 15位 亜細亜大12時間19分49秒 ●区間賞 1区 照井典勝(日体大) 1時間05分18秒 2区 瀬古利彦(早大)  1時間12分18秒 3区 吉元政昭(大東大) 1時間07分40秒 4区 川口晴実(順大)  1時間04分52秒 5区 上田誠仁(順大)  1時間14分40秒 6区 酒匂真次(順大)  1時間00分00秒 7区 新地憲宏(日体大) 1時間06分19秒 8区 出口彰(日体大)  1時間07分06秒 9区 竹島克己(順大)  1時間15分56秒 10区 小山英士(日体大) 1時間06分29秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

【写真】現地試合会場での秦の様子をチェック! 5/24 結果 大会名 P-T-S meeting会場 SNP(スロバキア) 秦 澄美鈴走幅跳 6m52 第2位 ご声援ありがとうございました。#住友電工陸上競技部 pic. […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

女子10000m競歩の学生歴代10傑をチェック! 女子10000m競歩 44.21.85 柳井綾音(立命大3) 2024. 5.25 44.34.13 岡田久美子(立大1) 2010.10. 4 44.52.90 渕瀬真 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

【写真】全米学生選手権出場を決めた石井優吉 M 800m (Quarterfinal) WHAT A RACE🤯 Handal and Yuki drop huge times in the 800 quarterfin […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top