HOME 国内

2023.12.11

やり投・ディーン元気が練習公開 陸上競技初の3大会ぶり五輪へ「やるべきことに集中してマイペースで」自然体を強調
やり投・ディーン元気が練習公開 陸上競技初の3大会ぶり五輪へ「やるべきことに集中してマイペースで」自然体を強調

練習を公開したディーン元気(ミズノ)

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が12月11日、都内で練習を公開し、報道陣の取材に応じた。

冬季練習をスタートして少し経つが、オフ期間で「だいぶ疲れも取れました」と柔和な笑みを浮かべるディーン。10月のアジア大会(中国・杭州)を終えたあとは1ヵ月ほど休養し、趣味の釣りに出掛けて「クエとかを釣りました」。心身共にリフレッシュしたようだ。

この日はウォーミングアップのあと、冬の間は常時行っているメディシンボールを使った補強で身体を温めてから、軽く投てきを披露。「砲丸や円盤をやっていたクセで、右脚で一回“ため”を作ってしまって、ブレーキがかかる。ここがもっとうまくできれば助走を生かしてスムーズに投げられるのですが、なかなかクセは直りませんね」と言い、「でも、やり投も長いことやっているからそろそろ」と苦笑いした。

12月30日で32歳。早大時代に一躍、時の人ととなり2012年にロンドン五輪に出場した。だが、その際に右脇腹を痛めた影響が長引き、試合から遠ざかったシーズンもある。自己記録の84m28も、11年間止まったままだ。

しかし、2020年からの復活劇は見事。7年ぶりに80mの大台に乗せると84mオーバーを見せる。21年の東京五輪こそ逃したものの、昨年のオレゴン世界選手権は決勝進出して9位。今年は83m15を投げてアジア選手権で金メダルを獲得し、ブダペスト世界選手権にも出場した。

今シーズンを振り返り、「シーズン序盤からうまく立て直してきて、アジア選手権と日本選手権も優勝できた。すごく順調だったのですが、世界選手権は14位。悔しい思いをしたシーズンでした」と言う。ただ、その後、満身創痍の中で臨んだアジア大会でも3位。「トータルで見ると失敗もありましたが、結果として形になった」と充実感もある。

見据えるのは来夏のパリ五輪。参加標準記録は自己記録より高い85m50だが、そこは射程圏内にとらえている。また、今季の安定した戦いぶりから、ワールドランキングでもアドバンテージを持って来季に迎えるのは大きい。

「まずはケガなく練習を継続すること。年齢も年齢なので、うまく疲労をコントロールしながらやっていきます。オリンピックイヤーだから気合が入るとかではなく、いつも通り、自分のペースを崩さずにマイペースでやるのが一番です」

パリ五輪出場となれば、実に3大会ぶりのオリンピック。3大会ぶりのブランクでの出場となれば陸上競技では初めてとなる。

「3大会ぶりはなかなかいない思います。目の前のことをやっていき、その過程を楽しんでいきたいです。パリ五輪にしっかり出て満足のいく結果を得たい。みなさんに『あいつ、まだやっていて、ベストを出してすごいな』って思ってもらったり、励みにしてもらったり。そんなパフォーマンスができればと思います」

年明けはフィンランドに渡り、質・量ともにハードなトレーニングに入りシーズンに備えていく。「来年は、(同学年の)新井涼平(スズキ)と投げ合いたいですね。北口(榛花、JAL)の活躍も刺激になっていますが、男子もフルエントリーしているので、もう少し注目してもらえれば」。三十路に入ってもまだまだ“元気”いっぱい。やり投の第一人者として、自身2度目のオリンピックに向かっていく。

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が12月11日、都内で練習を公開し、報道陣の取材に応じた。 冬季練習をスタートして少し経つが、オフ期間で「だいぶ疲れも取れました」と柔和な笑みを浮かべるディーン。10月のアジア大会(中国・杭州)を終えたあとは1ヵ月ほど休養し、趣味の釣りに出掛けて「クエとかを釣りました」。心身共にリフレッシュしたようだ。 この日はウォーミングアップのあと、冬の間は常時行っているメディシンボールを使った補強で身体を温めてから、軽く投てきを披露。「砲丸や円盤をやっていたクセで、右脚で一回“ため”を作ってしまって、ブレーキがかかる。ここがもっとうまくできれば助走を生かしてスムーズに投げられるのですが、なかなかクセは直りませんね」と言い、「でも、やり投も長いことやっているからそろそろ」と苦笑いした。 12月30日で32歳。早大時代に一躍、時の人ととなり2012年にロンドン五輪に出場した。だが、その際に右脇腹を痛めた影響が長引き、試合から遠ざかったシーズンもある。自己記録の84m28も、11年間止まったままだ。 しかし、2020年からの復活劇は見事。7年ぶりに80mの大台に乗せると84mオーバーを見せる。21年の東京五輪こそ逃したものの、昨年のオレゴン世界選手権は決勝進出して9位。今年は83m15を投げてアジア選手権で金メダルを獲得し、ブダペスト世界選手権にも出場した。 今シーズンを振り返り、「シーズン序盤からうまく立て直してきて、アジア選手権と日本選手権も優勝できた。すごく順調だったのですが、世界選手権は14位。悔しい思いをしたシーズンでした」と言う。ただ、その後、満身創痍の中で臨んだアジア大会でも3位。「トータルで見ると失敗もありましたが、結果として形になった」と充実感もある。 見据えるのは来夏のパリ五輪。参加標準記録は自己記録より高い85m50だが、そこは射程圏内にとらえている。また、今季の安定した戦いぶりから、ワールドランキングでもアドバンテージを持って来季に迎えるのは大きい。 「まずはケガなく練習を継続すること。年齢も年齢なので、うまく疲労をコントロールしながらやっていきます。オリンピックイヤーだから気合が入るとかではなく、いつも通り、自分のペースを崩さずにマイペースでやるのが一番です」 パリ五輪出場となれば、実に3大会ぶりのオリンピック。3大会ぶりのブランクでの出場となれば陸上競技では初めてとなる。 「3大会ぶりはなかなかいない思います。目の前のことをやっていき、その過程を楽しんでいきたいです。パリ五輪にしっかり出て満足のいく結果を得たい。みなさんに『あいつ、まだやっていて、ベストを出してすごいな』って思ってもらったり、励みにしてもらったり。そんなパフォーマンスができればと思います」 年明けはフィンランドに渡り、質・量ともにハードなトレーニングに入りシーズンに備えていく。「来年は、(同学年の)新井涼平(スズキ)と投げ合いたいですね。北口(榛花、JAL)の活躍も刺激になっていますが、男子もフルエントリーしているので、もう少し注目してもらえれば」。三十路に入ってもまだまだ“元気”いっぱい。やり投の第一人者として、自身2度目のオリンピックに向かっていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top