HOME 国内、大学

2023.10.08

男子4×400mRは筑波大が3分03秒96の学生歴代2位で戴冠 /日本選手権リレー
男子4×400mRは筑波大が3分03秒96の学生歴代2位で戴冠 /日本選手権リレー

学生歴代2位の好タイムで男子4×400mRに優勝した筑波大

◇第107回日本選手権リレー(10月7日~8日/東京・国立競技場)

日本選手権リレーの2日目が行われ、4×400mリレーは男子は筑波大が3分03秒96の大会新、学生歴代2位の好タイムで優勝を果たした。

男子は筑波大がアンカー勝負で総合力の高さを示した。日本インカレを制した東洋大が不在のなか、予選からトップタイムで決勝に駒を進めると、決勝は菅野航平、林申雅、吉川崚、今泉堅貴のオーダー。

1走の菅野が5位で切り出すと、2走の林は「初めての2走で緊張しました」と話しながらも、順位を5位から3位に押し上げる好走でレースの流れに乗せた。さらに吉川も法大をかわす力走で2位に浮上。好位置でエースの今泉にバトンを託した。

トップ早大と約10m差でスタートした今泉は「自分は追いかけて相手から力をもらうような走りが得意で、今日は久しぶりにその展開になりました」と話すように、ジリジリと早大との差を詰めるとラストの直線でギアを切り替えて逆転。「300mまでは楽に走れていたので、最後の直線で切り替えれば勝てると思っていた」の言葉通りのレースで優勝を手にした。

筑波大の優勝は08年以来。久しぶりの優勝に加え、タイムも大学記録を大きく更新し、今泉は「みんな予選で結構疲れていて、秋の試合で記録を出すのは難しいかなと感じていました。ここまで(タイムが)出るとは思わなかったので、正直驚いています」と笑顔を見せる。

今季、日本選手権400mで4位に食い込み、4×400mリレーメンバーとして世界選手権代表にも選ばれた今泉。筑波大として最後のレースをこの上ないかたちで締めくくり、「来年は個人でも上の3人(佐藤拳太郎佐藤風雅中島佑気ジョセフ)に食らいつけるように頑張りたい」と、来る五輪シーズンに向けて期待に胸を膨らませた。

◇第107回日本選手権リレー(10月7日~8日/東京・国立競技場) 日本選手権リレーの2日目が行われ、4×400mリレーは男子は筑波大が3分03秒96の大会新、学生歴代2位の好タイムで優勝を果たした。 男子は筑波大がアンカー勝負で総合力の高さを示した。日本インカレを制した東洋大が不在のなか、予選からトップタイムで決勝に駒を進めると、決勝は菅野航平、林申雅、吉川崚、今泉堅貴のオーダー。 1走の菅野が5位で切り出すと、2走の林は「初めての2走で緊張しました」と話しながらも、順位を5位から3位に押し上げる好走でレースの流れに乗せた。さらに吉川も法大をかわす力走で2位に浮上。好位置でエースの今泉にバトンを託した。 トップ早大と約10m差でスタートした今泉は「自分は追いかけて相手から力をもらうような走りが得意で、今日は久しぶりにその展開になりました」と話すように、ジリジリと早大との差を詰めるとラストの直線でギアを切り替えて逆転。「300mまでは楽に走れていたので、最後の直線で切り替えれば勝てると思っていた」の言葉通りのレースで優勝を手にした。 筑波大の優勝は08年以来。久しぶりの優勝に加え、タイムも大学記録を大きく更新し、今泉は「みんな予選で結構疲れていて、秋の試合で記録を出すのは難しいかなと感じていました。ここまで(タイムが)出るとは思わなかったので、正直驚いています」と笑顔を見せる。 今季、日本選手権400mで4位に食い込み、4×400mリレーメンバーとして世界選手権代表にも選ばれた今泉。筑波大として最後のレースをこの上ないかたちで締めくくり、「来年は個人でも上の3人(佐藤拳太郎、佐藤風雅、中島佑気ジョセフ)に食らいつけるように頑張りたい」と、来る五輪シーズンに向けて期待に胸を膨らませた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top