HOME 国内、日本代表

2023.10.02

走高跳・赤松諒一と真野友博がそろって決勝へ 男子4継、400mH男女3人ファイナル/アジア大会
赤松諒一(左)と真野友博

走高跳でともに決勝を決めた赤松と真野

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州)

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の4日目の午前セッションが行われた。

男子4×100mリレー予選は桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、上山紘輝(住友電工)、宇野勝翔(順大)とつないで38秒99の組1着で明日の決勝に駒を進めた。

朝9時スタートという中で行われた男子走高跳は、ブダペスト世界選手権8位の赤松諒一(アワーズ)、オレゴン世界選手権8位の真野友博(九電工)の2人がともに予選を危なげなく通過。2人は2m15をクリア。ムタズ・エッサ・バルシム(カタール)、ウ・サンヒョク(韓国)もしっかり決勝に進んでいる。

赤松は「朝が苦手でしたし、(スタートが)低い高さで難しかったですが、そこそこ思いっきり踏み切れたと思います。決勝は助走のコース取りを意識していきたい」と話した。

男子400mハードルでパリ五輪参加標準記録を突破している黒川和樹(法大)は49秒80で組1着。ブダペスト世界選手権でセミファイナルに進んだが、日本インカレは当日に発熱してインフルエンザだと診断されて欠場。その後は「ほぼ練習していなくて不安でした」と言うが、さすがの本番での強さを発揮した。「決勝も行けます!」と笑顔を見せる。ブダペスト世界選手権代表の児玉悠作(ノジマ)も49秒99の3着ながらプラスで拾われて決勝進出を決めた。

女子400mハードルの山本亜美(立命大)は57秒55の4着。プラスで決勝を決めた。今年はアジア選手権、ワールドユニバーシティゲームズ、ブダペスト世界選手権、そして今大会と4度目の日の丸だが、「めっちゃ緊張しました」。前日には京都橘高の後輩にあたり親交もある瀧野未来が56秒90を出したこともあり、「そればっかり考えてしまった」と苦笑い。決勝に向け「(痛めていた)アキレス腱は大丈夫。中国の歓声を自分の応援してもらっていると思ってがんばります」と意気込みを語った。

男子800m予選に出場した川元奨(スズキ)は1分52秒93で予選敗退。「(全体の)タイムだけ見れば残れる記録でしたが、自分の走りが定まっていなかった」と振り返った。

この日から男子十種競技も開始。アジア選手権優勝、ブダペスト世界選手権代表の丸山優真(住友電工)は100mで10秒96(+1.0)の1着で好スタートを切った。田上駿(陸上物語)は11秒08。丸山は走幅跳を7m20(+1.0)、円盤投を13m61、3種目を終えて4位につけている。

午後セッションでは女子棒高跳に日本記録保持者の諸田実咲(アットホーム)が登場。女子走幅跳には日本記録(6m97)でアジア選手権を制し、ブダペスト世界選手権代表の秦澄美鈴(シバタ工業)が出場する。

上山紘輝(住友電工)、宇野勝翔(順大)が出場する男子200m決勝は20時55分(日本時間)にスタート。21時15分からの男子110mハードルには高山峻野(ゼンリン)と石川周平(富士通)が出場する。

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州) 中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の4日目の午前セッションが行われた。 男子4×100mリレー予選は桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、上山紘輝(住友電工)、宇野勝翔(順大)とつないで38秒99の組1着で明日の決勝に駒を進めた。 朝9時スタートという中で行われた男子走高跳は、ブダペスト世界選手権8位の赤松諒一(アワーズ)、オレゴン世界選手権8位の真野友博(九電工)の2人がともに予選を危なげなく通過。2人は2m15をクリア。ムタズ・エッサ・バルシム(カタール)、ウ・サンヒョク(韓国)もしっかり決勝に進んでいる。 赤松は「朝が苦手でしたし、(スタートが)低い高さで難しかったですが、そこそこ思いっきり踏み切れたと思います。決勝は助走のコース取りを意識していきたい」と話した。 男子400mハードルでパリ五輪参加標準記録を突破している黒川和樹(法大)は49秒80で組1着。ブダペスト世界選手権でセミファイナルに進んだが、日本インカレは当日に発熱してインフルエンザだと診断されて欠場。その後は「ほぼ練習していなくて不安でした」と言うが、さすがの本番での強さを発揮した。「決勝も行けます!」と笑顔を見せる。ブダペスト世界選手権代表の児玉悠作(ノジマ)も49秒99の3着ながらプラスで拾われて決勝進出を決めた。 女子400mハードルの山本亜美(立命大)は57秒55の4着。プラスで決勝を決めた。今年はアジア選手権、ワールドユニバーシティゲームズ、ブダペスト世界選手権、そして今大会と4度目の日の丸だが、「めっちゃ緊張しました」。前日には京都橘高の後輩にあたり親交もある瀧野未来が56秒90を出したこともあり、「そればっかり考えてしまった」と苦笑い。決勝に向け「(痛めていた)アキレス腱は大丈夫。中国の歓声を自分の応援してもらっていると思ってがんばります」と意気込みを語った。 男子800m予選に出場した川元奨(スズキ)は1分52秒93で予選敗退。「(全体の)タイムだけ見れば残れる記録でしたが、自分の走りが定まっていなかった」と振り返った。 この日から男子十種競技も開始。アジア選手権優勝、ブダペスト世界選手権代表の丸山優真(住友電工)は100mで10秒96(+1.0)の1着で好スタートを切った。田上駿(陸上物語)は11秒08。丸山は走幅跳を7m20(+1.0)、円盤投を13m61、3種目を終えて4位につけている。 午後セッションでは女子棒高跳に日本記録保持者の諸田実咲(アットホーム)が登場。女子走幅跳には日本記録(6m97)でアジア選手権を制し、ブダペスト世界選手権代表の秦澄美鈴(シバタ工業)が出場する。 上山紘輝(住友電工)、宇野勝翔(順大)が出場する男子200m決勝は20時55分(日本時間)にスタート。21時15分からの男子110mハードルには高山峻野(ゼンリン)と石川周平(富士通)が出場する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top