HOME 国内、大学

2023.10.02

110mH日本記録保持者・村竹ラシッドが来春JALへ!北口榛花らと同じ所属先でさらなる飛躍誓う
110mH日本記録保持者・村竹ラシッドが来春JALへ!北口榛花らと同じ所属先でさらなる飛躍誓う

10月2日、JALは来春のアスリート社員として男子110mハードル日本記録保持者の村竹ラシッド(順大)の採用を発表した。

村竹は千葉県出身。松戸国際高3年時の19年沖縄インターハイで優勝。順大に進学し、2年目の日本選手権で13秒32を突破する13秒28をマークした。しかし、決勝は不正スタートにより失格。東京五輪出場はならなかった。

昨年はさらに成長を遂げてオレゴン世界選手権に初出場。今年は3月に13秒25をマークしてブダペスト世界選手権の参加標準記録を早々にクリアしたものの、4月の織田記念で左ハムストリングスを肉離れし、日本選手権出場を見送った。

復帰戦となった7月のAthlete Night Games で13秒18と快走。来年のパリ五輪参加標準記録を突破すると、ダイヤモンドリーグ廈門大会に初出場してセカンドベストの13秒19(±0)で5位と健闘を見せる。そして9月の日本インカレ決勝では、先輩でもある泉谷駿介(住友電工)が今年の日本選手権で出した日本記録に並ぶ13秒04をマークして優勝した。

村竹はJALを通じて「2024年4月より、アスリート社員としてJALの一員に迎え入れていただくことになりました。『世界で一番選ばれ、愛されるエアライングループ』を目指すJALの名を背負って競技を続けること、嬉しく思う反面、大変身が引き締まる思いです。世界中の空を翔ける飛行機のように、ワールドワイドな活躍を目指し、オリンピック・世界陸上でメダルを獲得できる選手になるために精進してまいります。ご声援のほど、よろしくお願いいたします」と意気込みをコメントした。

また、4月の日本パラ陸上選手権の走幅跳でアジア記録を樹立した湯口英理菜(日体大)が入社することも発表された。

JALには女子やり投で世界選手権優勝、ダイヤモンドリーグ・ファイナル日本人初の年間チャンピオンに輝いた北口榛花や、男子走高跳日本記録保持者の戸邉直人、女子短距離の土井杏南、男子三段跳の山本凌雅、女子走幅跳の髙良彩花が在籍している。

10月2日、JALは来春のアスリート社員として男子110mハードル日本記録保持者の村竹ラシッド(順大)の採用を発表した。 村竹は千葉県出身。松戸国際高3年時の19年沖縄インターハイで優勝。順大に進学し、2年目の日本選手権で13秒32を突破する13秒28をマークした。しかし、決勝は不正スタートにより失格。東京五輪出場はならなかった。 昨年はさらに成長を遂げてオレゴン世界選手権に初出場。今年は3月に13秒25をマークしてブダペスト世界選手権の参加標準記録を早々にクリアしたものの、4月の織田記念で左ハムストリングスを肉離れし、日本選手権出場を見送った。 復帰戦となった7月のAthlete Night Games で13秒18と快走。来年のパリ五輪参加標準記録を突破すると、ダイヤモンドリーグ廈門大会に初出場してセカンドベストの13秒19(±0)で5位と健闘を見せる。そして9月の日本インカレ決勝では、先輩でもある泉谷駿介(住友電工)が今年の日本選手権で出した日本記録に並ぶ13秒04をマークして優勝した。 村竹はJALを通じて「2024年4月より、アスリート社員としてJALの一員に迎え入れていただくことになりました。『世界で一番選ばれ、愛されるエアライングループ』を目指すJALの名を背負って競技を続けること、嬉しく思う反面、大変身が引き締まる思いです。世界中の空を翔ける飛行機のように、ワールドワイドな活躍を目指し、オリンピック・世界陸上でメダルを獲得できる選手になるために精進してまいります。ご声援のほど、よろしくお願いいたします」と意気込みをコメントした。 また、4月の日本パラ陸上選手権の走幅跳でアジア記録を樹立した湯口英理菜(日体大)が入社することも発表された。 JALには女子やり投で世界選手権優勝、ダイヤモンドリーグ・ファイナル日本人初の年間チャンピオンに輝いた北口榛花や、男子走高跳日本記録保持者の戸邉直人、女子短距離の土井杏南、男子三段跳の山本凌雅、女子走幅跳の髙良彩花が在籍している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top