HOME 国内

2023.10.01

吉居駿恭5000m13分22秒01 西田有里800m2分04秒15 男子800mは北村魁士、女子5000mは樺沢和佳奈がV/新潟ACC
吉居駿恭5000m13分22秒01 西田有里800m2分04秒15 男子800mは北村魁士、女子5000mは樺沢和佳奈がV/新潟ACC

◇アスレチックスチャレンジカップ(9月30日~10月1日/新潟市・デンカビッグスワンスタジアム)

初日のグランプリ種目は4種目行われ、最終種目の男子5000mでは吉居駿恭(中大)が学生歴代10位、日本人学生歴代6位の13分22秒01で優勝した。ペースメーカーの1周64~65秒に食らいつき、終盤もスピードアップ。5月のゴールデンゲームズインのべおかでマークした13分27秒33の自己ベストを5秒更新した。

今季はそのゴールデンゲームズと、6月の日本選手権(21位/13分42秒96)、この新潟のレースを重視していた吉居。直前の調整練習は不調だったそうだが、勢いは衰えず、上野裕一郎の中大記録(13分21秒49/2007年)に次ぐ歴代2位で走破。2位には先輩の中野翔太が13分28秒04で入り、中大勢がワン・ツー。3位の田村友佑(黒崎播磨)は13分29秒12の自己新だった。

女子5000mでは樺沢和佳奈(三井住友海上)が15分36秒47で制覇。前週の全日本実業団対抗選手権では「全然スピード練習していなかった」1500mで4分11秒51の自己新をマークすると、5000mでは日本人トップと、2週連続で安定した走りを見せた「5000mでパリ五輪出場」と意気込んでいる。

女子800mは、インターハイ2位の西田有里(草津東高3滋賀)が高校歴代4位の2分04秒15でV。5月に出した自己記録2分05秒09を1秒近く塗り替えた。鹿児島国体(10月13日~17日)では、高校記録2分02秒57の更新が目標。2位には、日本選手権覇者の池崎愛里(ダイソー)が2分04秒50で入った。

男子800mは北村魁士(山梨学院大)が自己ベストの1分47秒75で1位。今季は7月のオールスターナイトで、昨年の自己記録を1秒34更新する1分48秒06をマーク。9月中旬の日本インカレではこの種目ではチームとして25年ぶりの王者に輝くと、2週間後のこのレースでベストを再び塗り替えた。「国体では1分46秒前半を出したい」と話している。

このほかノングランプリ種目も行われ、女子5000mではルーシー・ドゥータ(仙台育英高2宮城)が15分45秒11でトップだった。

◇アスレチックスチャレンジカップ(9月30日~10月1日/新潟市・デンカビッグスワンスタジアム) 初日のグランプリ種目は4種目行われ、最終種目の男子5000mでは吉居駿恭(中大)が学生歴代10位、日本人学生歴代6位の13分22秒01で優勝した。ペースメーカーの1周64~65秒に食らいつき、終盤もスピードアップ。5月のゴールデンゲームズインのべおかでマークした13分27秒33の自己ベストを5秒更新した。 今季はそのゴールデンゲームズと、6月の日本選手権(21位/13分42秒96)、この新潟のレースを重視していた吉居。直前の調整練習は不調だったそうだが、勢いは衰えず、上野裕一郎の中大記録(13分21秒49/2007年)に次ぐ歴代2位で走破。2位には先輩の中野翔太が13分28秒04で入り、中大勢がワン・ツー。3位の田村友佑(黒崎播磨)は13分29秒12の自己新だった。 女子5000mでは樺沢和佳奈(三井住友海上)が15分36秒47で制覇。前週の全日本実業団対抗選手権では「全然スピード練習していなかった」1500mで4分11秒51の自己新をマークすると、5000mでは日本人トップと、2週連続で安定した走りを見せた「5000mでパリ五輪出場」と意気込んでいる。 女子800mは、インターハイ2位の西田有里(草津東高3滋賀)が高校歴代4位の2分04秒15でV。5月に出した自己記録2分05秒09を1秒近く塗り替えた。鹿児島国体(10月13日~17日)では、高校記録2分02秒57の更新が目標。2位には、日本選手権覇者の池崎愛里(ダイソー)が2分04秒50で入った。 男子800mは北村魁士(山梨学院大)が自己ベストの1分47秒75で1位。今季は7月のオールスターナイトで、昨年の自己記録を1秒34更新する1分48秒06をマーク。9月中旬の日本インカレではこの種目ではチームとして25年ぶりの王者に輝くと、2週間後のこのレースでベストを再び塗り替えた。「国体では1分46秒前半を出したい」と話している。 このほかノングランプリ種目も行われ、女子5000mではルーシー・ドゥータ(仙台育英高2宮城)が15分45秒11でトップだった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top