HOME 国内、日本代表

2023.10.01

佐藤拳太郎が400m銀メダル ハンマー投・柏村と1万m田澤が4位と健闘 男子100m桐生と小池は決勝逃す/アジア大会
佐藤拳太郎が400m銀メダル ハンマー投・柏村と1万m田澤が4位と健闘 男子100m桐生と小池は決勝逃す/アジア大会

アジア大会400mで銀メダルを獲得した佐藤拳太郎。右は金メダルのマスラヒ 写真/フォート・キシモト

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州)

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の2日目の午後セッションが行われた。

男子400m決勝には佐藤拳太郎(富士通)と佐藤風雅(ミズノ)の2人が進出。44秒77の日本記録を持つ佐藤拳が45秒57で銀メダルを獲得した。佐藤風は45秒70で4位だった。

男子ハンマー投は柏村亮太(ヤマダホールディングス)が70m72で4位。メダルまであと7cmで「勝負できる記録だったので悔しい。左に引っ張り過ぎる課題が出てしまった」と悔やみ、「75mを目指していきたい」と次を見据えていた。アジア選手権で銅メダルを手にしていた福田翔大(日大院)は68m74で6位。「自分の悪いところばかり出た」と涙を浮かべた。

男子10000m決勝はブダペスト世界選手権代表の田澤廉(トヨタ自動車)が28分18秒66で4位。9000m付近までメダル争いの集団にいたものの、ラスト勝負で突き放された。塩尻和也(富士通)は転倒に巻き込まれた影響もあり28分35秒02で6位でフィニッシュ。その後、転倒を引き起こした選手が失格となる5位となった。

朝から行われていた女子七種競技では、初日を終えて大玉華鈴(日体大SMG)が3353点の3位。「なかなか噛み合わなかった。明日で挽回したい」話す。日本記録保持者で前回銅メダルの山﨑有紀(スズキ)は8位。「練習は積めていたのですが試合で発揮できていない」と苦しいスタートも「切り替えて、1種目(走幅跳)から流れを作れるように」と語った。

男子棒高跳の山本聖途(トヨタ自動車)は4m80をクリアできずに記録なし。4月のポルトガルでの合宿時に手がポールから離れて「頭からボックスに落ちた」ことを明かし、「それからずっと絶不調。踏み切れない」と言う。来年に向けて「まずはしっかり心と身体をリフレッシュしたい。11月中旬からまたフランスに行きたい」とプランを立てている。

男子棒高跳ではブダペスト世界選手権銀メダリストのアーネストジョン・オビエナ(フィリピン)が5m90の大会新記録で優勝。男子100mは謝震業(中国)が追い風参考ながら9秒97(+2.4)の快走を見せて地元の大歓声に応える金メダルに輝いた。17歳のプリポル・ブーンソン(タイ)が10秒02と圧巻の走りを見せて2位に食い込んでいる。

大会3日目は、午前セッションで女子七種競技の走幅跳、やり投が実施。9時10分(現地時間)には男子110mハードル予選に高山峻野(ゼンリン)と石川周平(富士通)が登場。男子200m予選には上山紘輝(住友電工)と宇野勝翔(順大)が臨む。

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州) 中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の2日目の午後セッションが行われた。 男子400m決勝には佐藤拳太郎(富士通)と佐藤風雅(ミズノ)の2人が進出。44秒77の日本記録を持つ佐藤拳が45秒57で銀メダルを獲得した。佐藤風は45秒70で4位だった。 男子ハンマー投は柏村亮太(ヤマダホールディングス)が70m72で4位。メダルまであと7cmで「勝負できる記録だったので悔しい。左に引っ張り過ぎる課題が出てしまった」と悔やみ、「75mを目指していきたい」と次を見据えていた。アジア選手権で銅メダルを手にしていた福田翔大(日大院)は68m74で6位。「自分の悪いところばかり出た」と涙を浮かべた。 男子10000m決勝はブダペスト世界選手権代表の田澤廉(トヨタ自動車)が28分18秒66で4位。9000m付近までメダル争いの集団にいたものの、ラスト勝負で突き放された。塩尻和也(富士通)は転倒に巻き込まれた影響もあり28分35秒02で6位でフィニッシュ。その後、転倒を引き起こした選手が失格となる5位となった。 朝から行われていた女子七種競技では、初日を終えて大玉華鈴(日体大SMG)が3353点の3位。「なかなか噛み合わなかった。明日で挽回したい」話す。日本記録保持者で前回銅メダルの山﨑有紀(スズキ)は8位。「練習は積めていたのですが試合で発揮できていない」と苦しいスタートも「切り替えて、1種目(走幅跳)から流れを作れるように」と語った。 男子棒高跳の山本聖途(トヨタ自動車)は4m80をクリアできずに記録なし。4月のポルトガルでの合宿時に手がポールから離れて「頭からボックスに落ちた」ことを明かし、「それからずっと絶不調。踏み切れない」と言う。来年に向けて「まずはしっかり心と身体をリフレッシュしたい。11月中旬からまたフランスに行きたい」とプランを立てている。 男子棒高跳ではブダペスト世界選手権銀メダリストのアーネストジョン・オビエナ(フィリピン)が5m90の大会新記録で優勝。男子100mは謝震業(中国)が追い風参考ながら9秒97(+2.4)の快走を見せて地元の大歓声に応える金メダルに輝いた。17歳のプリポル・ブーンソン(タイ)が10秒02と圧巻の走りを見せて2位に食い込んでいる。 大会3日目は、午前セッションで女子七種競技の走幅跳、やり投が実施。9時10分(現地時間)には男子110mハードル予選に高山峻野(ゼンリン)と石川周平(富士通)が登場。男子200m予選には上山紘輝(住友電工)と宇野勝翔(順大)が臨む。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top