HOME 大会結果

2023.09.22

【大会結果】第71回全日本実業団対抗選手権(2023年9月22~24日)
【大会結果】第71回全日本実業団対抗選手権(2023年9月22~24日)

【大会結果】第71回全日本実業団対抗選手権(2023年9月22日~24日/岐阜メモリアルセンター長良川)

●男子
100m  東田旺洋(関彰商事) 10秒16(±0)
200m  佐藤拳太郎(富士通) 20秒70(-1.0)
400m  吉津拓歩(ジーケーライン) 46秒84
800m  瀬戸口大地(Team SSP)  1分48秒81
1500m  野口雄大(トーエネック) 3分43秒16
5000m  ジョセフ・カランジャ   13分27秒31
※日本人トップ 今江勇人(GMOインターネットグループ) 9位13分39秒47
10000m キプラガット・エマヌエル(三菱重工)27分27秒10
※日本人トップ 横田玖磨(トヨタ自動車九州)11位 27分56秒20
110mH  野本周成(愛媛県競技力)  13秒53(+0.7)  
400mH  山本竜大(SEKI A.C.)    49秒71
3000m障害 フィレモン・キプラガット(愛三工業) 8分36秒47
※日本人トップ 新家裕太郎(愛三工業) 2位 8分43秒19
10000m競歩 池田向希(旭化成) 38分46秒81
4×100mR 東京ガスエコモ 39秒69
4×400mR RUDOLF     3分10秒16
走高跳 瀬古優斗(HST)    2m24
棒高跳 澤慎吾(きらぼし銀行) 5m50
走幅跳 泉谷駿介(住友電工) 8m10(-0.4)
三段跳 池畠旭佳瑠(駿河台大非常勤) 16m37(+1.0)
砲丸投 奥村仁志(センコー) 17m81
円盤投 堤雄司(ALSOK群馬)  56m86
ハンマー投 中川達斗(新潟アルビレックスRC) 70m56
やり投 﨑山雄太(愛媛県競技力) 78m59
◇対抗戦
富士通 26点

●女子
100m 兒玉芽生(ミズノ) 11秒50(+0.4)
200m 青野朱李(NDソフト) 23秒45(±0)
400m 久保山晴菜(今村病院)  53秒24
800m 田中希実(TeamNB)   2分03秒98
1500m マーガレット・アキドル(コモディイイダ) 4分05秒29=大会外国人最高
※日本人トップ 木村友香(積水化学) 3位 4分11秒51
5000m  ジェプングティチ・ジュディ(資生堂) 14分57秒63
※日本人トップ 樺沢和佳奈(三井住友海上) 7位 15分33秒69
10000m カルム・パウリン・カベケ(ルートインホテルズ) 31分32秒86
※日本人トップ 五島莉乃(資生堂) 4位 32分10秒78
100mH   大松由季(サンドリヨン)  12秒97(+2.0)
400mH   梅原紗月(住友電工)    57秒75
3000m障害 西山未奈美(三井住友海上) 10分04秒15
10000m競歩 河添香織(自衛隊体育学校) 48分26秒31
4×100mR 七十七銀行 46秒22
走高跳 津田シェリアイ(築地銀だこ) 1m85
棒高跳 諸田実咲(アットホーム) 4m20
走幅跳 山本渚(長谷川体育施設) 6m16(-0.3)
三段跳 髙島真織子(九電工)   13m18(+2.2)
砲丸投 郡菜々佳(新潟アルビレックスRC) 15m50
円盤投 辻川美乃利(内田洋行)  51m81
ハンマー投 小舘充華(染めQ)   63m05
やり投 佐藤友佳(ニコニコのり) 60m12
◇対抗
ミズノ 22点

◇対抗
男女総合
KAGOTANI 43点

【大会結果】第71回全日本実業団対抗選手権(2023年9月22日~24日/岐阜メモリアルセンター長良川) ●男子 100m  東田旺洋(関彰商事) 10秒16(±0) 200m  佐藤拳太郎(富士通) 20秒70(-1.0) 400m  吉津拓歩(ジーケーライン) 46秒84 800m  瀬戸口大地(Team SSP)  1分48秒81 1500m  野口雄大(トーエネック) 3分43秒16 5000m  ジョセフ・カランジャ   13分27秒31 ※日本人トップ 今江勇人(GMOインターネットグループ) 9位13分39秒47 10000m キプラガット・エマヌエル(三菱重工)27分27秒10 ※日本人トップ 横田玖磨(トヨタ自動車九州)11位 27分56秒20 110mH  野本周成(愛媛県競技力)  13秒53(+0.7)   400mH  山本竜大(SEKI A.C.)    49秒71 3000m障害 フィレモン・キプラガット(愛三工業) 8分36秒47 ※日本人トップ 新家裕太郎(愛三工業) 2位 8分43秒19 10000m競歩 池田向希(旭化成) 38分46秒81 4×100mR 東京ガスエコモ 39秒69 4×400mR RUDOLF     3分10秒16 走高跳 瀬古優斗(HST)    2m24 棒高跳 澤慎吾(きらぼし銀行) 5m50 走幅跳 泉谷駿介(住友電工) 8m10(-0.4) 三段跳 池畠旭佳瑠(駿河台大非常勤) 16m37(+1.0) 砲丸投 奥村仁志(センコー) 17m81 円盤投 堤雄司(ALSOK群馬)  56m86 ハンマー投 中川達斗(新潟アルビレックスRC) 70m56 やり投 﨑山雄太(愛媛県競技力) 78m59 ◇対抗戦 富士通 26点 ●女子 100m 兒玉芽生(ミズノ) 11秒50(+0.4) 200m 青野朱李(NDソフト) 23秒45(±0) 400m 久保山晴菜(今村病院)  53秒24 800m 田中希実(TeamNB)   2分03秒98 1500m マーガレット・アキドル(コモディイイダ) 4分05秒29=大会外国人最高 ※日本人トップ 木村友香(積水化学) 3位 4分11秒51 5000m  ジェプングティチ・ジュディ(資生堂) 14分57秒63 ※日本人トップ 樺沢和佳奈(三井住友海上) 7位 15分33秒69 10000m カルム・パウリン・カベケ(ルートインホテルズ) 31分32秒86 ※日本人トップ 五島莉乃(資生堂) 4位 32分10秒78 100mH   大松由季(サンドリヨン)  12秒97(+2.0) 400mH   梅原紗月(住友電工)    57秒75 3000m障害 西山未奈美(三井住友海上) 10分04秒15 10000m競歩 河添香織(自衛隊体育学校) 48分26秒31 4×100mR 七十七銀行 46秒22 走高跳 津田シェリアイ(築地銀だこ) 1m85 棒高跳 諸田実咲(アットホーム) 4m20 走幅跳 山本渚(長谷川体育施設) 6m16(-0.3) 三段跳 髙島真織子(九電工)   13m18(+2.2) 砲丸投 郡菜々佳(新潟アルビレックスRC) 15m50 円盤投 辻川美乃利(内田洋行)  51m81 ハンマー投 小舘充華(染めQ)   63m05 やり投 佐藤友佳(ニコニコのり) 60m12 ◇対抗 ミズノ 22点 ◇対抗 男女総合 KAGOTANI 43点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top