HOME 国内

2023.09.23

1500m木村友香が移籍後初レースで快走「5000mでパリ五輪に」樺沢も自己新で続く/全日本実業団
1500m木村友香が移籍後初レースで快走「5000mでパリ五輪に」樺沢も自己新で続く/全日本実業団

23年全日本実業団女子1500m日本人トップの木村友香(左)と樺沢和佳奈

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川)

全日本実業団対抗の1日目が行われ、女子1500mで好記録が誕生した。前半から積極的にレースを進めたマーガレット・アキドル(コモディイイダ)がエスタ・ムソニ(ニトリ)との一騎打ちを制し4分05秒29でV。エスタも4分06秒42と、田中希実(豊田自動織機、現・New Balance)が昨年マークした4分10秒41の大会記録を上回る外国人最高記録となった。

この2人に続いたのが木村友香(積水化学)と樺沢和佳奈(三井住友海上)。木村が4分11秒51で、樺沢が0.02秒差で続き、いずれも大会記録に迫った。

木村は昨年マークした4分09秒79に次ぐセカンドベスト。樺沢はこれまでの自己記録(4分16秒44)を一気に5秒近く更新。日本歴代13位の好タイムだった。

マーガレットが400mを65秒、800mを2分10秒のハイラップで刻む。日本勢はやや離れたものの67秒、2分16秒で前を追った。

木村は「1000mまで楽に行けて、感覚も良く滑り出せました」と話すように、ラスト1周を63秒でまとめる。「9月に入って右の臀部を痛め練習ができていなかったので、ここまでタイムが出るとは思っていなかったのでビックリです」と本人も驚く快走だった。

2019年ドーハ世界選手権代表の木村。日本選手権後に「中距離の走りを5000mに生かしたい」と資生堂から積水化学に移籍。以前から痛めていた左脚の脛骨のリハビリに励み「指先のトレーニングなど地道に基礎を積み上げてきた成果を出せました」と笑顔で話す。

移籍初戦とあってレース前は、「結果を出さないといけない」とプレッシャーもあったと言うが、「野口(英盛)監督から『気楽に行ってこい』と言われ、気持ちがほぐれた」と好走につなげた。

この後は、「まだレース勘が戻っていないので、しっかりそれを取り戻し、12月には5000mで15分02秒48の自己ベストを更新して、パリ五輪の標準突破(14分52秒00)を視野にトレーニングを積んでいきたい」と意気込みを話す。

田中によって日本記録が14分29秒18まで一気に引き上げられた女子5000m。今回の1500mでつかんだスピード感をさらに磨き、日本人6人目の14分台突入、そしてパリに照準を合わせ突き進む。

女子10000mはカルム・パウリン・カベケ(ルートインホテルズ)が31分32秒86でV。海外勢が上位を占め、日本人トップの4位には32分10秒78でブタペスト世界選手権代表の五島莉乃(資生堂)が続いた。

全日本実業団対抗は24日まで続く。

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川) 全日本実業団対抗の1日目が行われ、女子1500mで好記録が誕生した。前半から積極的にレースを進めたマーガレット・アキドル(コモディイイダ)がエスタ・ムソニ(ニトリ)との一騎打ちを制し4分05秒29でV。エスタも4分06秒42と、田中希実(豊田自動織機、現・New Balance)が昨年マークした4分10秒41の大会記録を上回る外国人最高記録となった。 この2人に続いたのが木村友香(積水化学)と樺沢和佳奈(三井住友海上)。木村が4分11秒51で、樺沢が0.02秒差で続き、いずれも大会記録に迫った。 木村は昨年マークした4分09秒79に次ぐセカンドベスト。樺沢はこれまでの自己記録(4分16秒44)を一気に5秒近く更新。日本歴代13位の好タイムだった。 マーガレットが400mを65秒、800mを2分10秒のハイラップで刻む。日本勢はやや離れたものの67秒、2分16秒で前を追った。 木村は「1000mまで楽に行けて、感覚も良く滑り出せました」と話すように、ラスト1周を63秒でまとめる。「9月に入って右の臀部を痛め練習ができていなかったので、ここまでタイムが出るとは思っていなかったのでビックリです」と本人も驚く快走だった。 2019年ドーハ世界選手権代表の木村。日本選手権後に「中距離の走りを5000mに生かしたい」と資生堂から積水化学に移籍。以前から痛めていた左脚の脛骨のリハビリに励み「指先のトレーニングなど地道に基礎を積み上げてきた成果を出せました」と笑顔で話す。 移籍初戦とあってレース前は、「結果を出さないといけない」とプレッシャーもあったと言うが、「野口(英盛)監督から『気楽に行ってこい』と言われ、気持ちがほぐれた」と好走につなげた。 この後は、「まだレース勘が戻っていないので、しっかりそれを取り戻し、12月には5000mで15分02秒48の自己ベストを更新して、パリ五輪の標準突破(14分52秒00)を視野にトレーニングを積んでいきたい」と意気込みを話す。 田中によって日本記録が14分29秒18まで一気に引き上げられた女子5000m。今回の1500mでつかんだスピード感をさらに磨き、日本人6人目の14分台突入、そしてパリに照準を合わせ突き進む。 女子10000mはカルム・パウリン・カベケ(ルートインホテルズ)が31分32秒86でV。海外勢が上位を占め、日本人トップの4位には32分10秒78でブタペスト世界選手権代表の五島莉乃(資生堂)が続いた。 全日本実業団対抗は24日まで続く。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top