HOME 国内、世界陸上、日本代表
泉谷駿介110mH初ファイナルの快挙へ13秒0台連発、DL転戦で「自信がついた」/ブダペスト世界陸上
泉谷駿介110mH初ファイナルの快挙へ13秒0台連発、DL転戦で「自信がついた」/ブダペスト世界陸上

ブダペスト世界選手権男子110mHで初のファイナル、そして12秒台の期待が掛かる泉谷駿介

8月19日から始まるブダペスト世界陸上。注目の日本代表たちをピックアップする。

泉谷駿介(住友電工)の口からは、何度も「自信」という言葉が出た。男子110mハードルの日本記録保持者は、記録だけではなく実績でも世界トップクラスとして世界に望むことになる。

広告の下にコンテンツが続きます

今季は5月のセイコーゴールデングランプリで13秒07、6月の日本選手権では自身の日本記録を2年ぶりに更新する13秒04をマークして優勝した。それだけでではなく、6月30日のダイヤモンドリーグ(DL)ローザンヌ大会では初出場ながら、全種目を通じて日本男子DL初優勝を飾る。

そして7月23日のDLロンドンでは、世界選手権連覇中のグラント・ホロウェイ(米国)をあと一歩まで追い詰める2位。海外、しかも最高峰のメンバーがそろったDLで2位、そして固い木製ハードルで13秒06を叩き出したところにも大きな価値がある。

だからこそ、その後に行われた合同会見では「自信がついた」という言葉が何度も出た。

昨年までのパフォーマンスと異なる点は中盤からの強さにある。代名詞だった爆発的な加速から勝負を決めていたため“前半型”のイメージだった泉谷。しかし、「力を使い過ぎると最後までもたない」と考え、前半は「焦らず落ち着いて」入り、ハードルを越えるごとに流れを作っていくパターンに変更した。

広告の下にコンテンツが続きます

これまで、ハードルだけではなく、多くの種目において「日本人は先行して粘る」という概念を大きく覆したと言える。ただし、「落ち着いて入って」も足るだけの走力やバネが備わっていることは大前提でもある。

山崎一彦コーチが「世界一」だと言うハードル間の『インターバルラン』。それはスプリンター顔負けのスピードはもちろん、ハードルを跳ぶための「アクセルワーク」(山崎コーチ)、つまりコントロールも含めて類い稀なセンスを持ち合わせている。これは、走高跳から始まって混成競技、三段跳など、中学時代からさまざま種目にチャレンジしていたこととも無関係ではないだろう。

もう一つ、大きな成長は“精神的なハードル”が取り除かれたこと。昨年のオレゴン世界選手権は、東京五輪に続いて準決勝の壁が突破できず。「海外選手は腰の高さが違う。これ以上、何をすればいいのか」とこぼしていた。

しかし、今季の転戦では「昨年まで圧倒されていましたが、海外の動きを見ていても差を感じなかった」。それは昨年からの転戦という経験に加え、「自分のパフォーマンスが上がっていて、自分のほうが速い」という確かな自信が身についたから。

広告の下にコンテンツが続きます

13秒04はエントリーランキングでは5番目。2年前の東京五輪でもランキングでは3番目で出場となったが、今回は「自信」と「実績」において比較にならない。実際に、海外メディアからもメダル候補に挙げられる。

ただ、泉谷は「まだ決勝に行ったことがないので、チャレンジャーとしてまずは決勝進出を目標にしています」と語り、「今後、金メダルを取りたいので、先につながるレースにしたい」。

そのためには「予選で今の形をしっかり作って、そこで出た課題を修正して準決勝に臨みたい」。そして、もし決勝に行ければ「勝ちに行くけど意識しすぎない。残り1本、力を出し切るだけ」と言う。

「調子も維持できているので、自分を信じて落ち着いて走りたい」

広告の下にコンテンツが続きます

110mハードルが「世界から最も遠いスプリント種目」と言われたのも今は昔。日本人初のファイナルに向けて、泉谷駿介の挑戦が始まる。

文/向永拓史

■男子110mH(※日本時間)
予 選 8月20日(日) 20時05分~
準決勝 8月21日(月) 深夜3時05分~
決 勝 8月21日(月) 深夜4時40分~

8月19日から始まるブダペスト世界陸上。注目の日本代表たちをピックアップする。 泉谷駿介(住友電工)の口からは、何度も「自信」という言葉が出た。男子110mハードルの日本記録保持者は、記録だけではなく実績でも世界トップクラスとして世界に望むことになる。 今季は5月のセイコーゴールデングランプリで13秒07、6月の日本選手権では自身の日本記録を2年ぶりに更新する13秒04をマークして優勝した。それだけでではなく、6月30日のダイヤモンドリーグ(DL)ローザンヌ大会では初出場ながら、全種目を通じて日本男子DL初優勝を飾る。 そして7月23日のDLロンドンでは、世界選手権連覇中のグラント・ホロウェイ(米国)をあと一歩まで追い詰める2位。海外、しかも最高峰のメンバーがそろったDLで2位、そして固い木製ハードルで13秒06を叩き出したところにも大きな価値がある。 だからこそ、その後に行われた合同会見では「自信がついた」という言葉が何度も出た。 昨年までのパフォーマンスと異なる点は中盤からの強さにある。代名詞だった爆発的な加速から勝負を決めていたため“前半型”のイメージだった泉谷。しかし、「力を使い過ぎると最後までもたない」と考え、前半は「焦らず落ち着いて」入り、ハードルを越えるごとに流れを作っていくパターンに変更した。 これまで、ハードルだけではなく、多くの種目において「日本人は先行して粘る」という概念を大きく覆したと言える。ただし、「落ち着いて入って」も足るだけの走力やバネが備わっていることは大前提でもある。 山崎一彦コーチが「世界一」だと言うハードル間の『インターバルラン』。それはスプリンター顔負けのスピードはもちろん、ハードルを跳ぶための「アクセルワーク」(山崎コーチ)、つまりコントロールも含めて類い稀なセンスを持ち合わせている。これは、走高跳から始まって混成競技、三段跳など、中学時代からさまざま種目にチャレンジしていたこととも無関係ではないだろう。 もう一つ、大きな成長は“精神的なハードル”が取り除かれたこと。昨年のオレゴン世界選手権は、東京五輪に続いて準決勝の壁が突破できず。「海外選手は腰の高さが違う。これ以上、何をすればいいのか」とこぼしていた。 しかし、今季の転戦では「昨年まで圧倒されていましたが、海外の動きを見ていても差を感じなかった」。それは昨年からの転戦という経験に加え、「自分のパフォーマンスが上がっていて、自分のほうが速い」という確かな自信が身についたから。 13秒04はエントリーランキングでは5番目。2年前の東京五輪でもランキングでは3番目で出場となったが、今回は「自信」と「実績」において比較にならない。実際に、海外メディアからもメダル候補に挙げられる。 ただ、泉谷は「まだ決勝に行ったことがないので、チャレンジャーとしてまずは決勝進出を目標にしています」と語り、「今後、金メダルを取りたいので、先につながるレースにしたい」。 そのためには「予選で今の形をしっかり作って、そこで出た課題を修正して準決勝に臨みたい」。そして、もし決勝に行ければ「勝ちに行くけど意識しすぎない。残り1本、力を出し切るだけ」と言う。 「調子も維持できているので、自分を信じて落ち着いて走りたい」 110mハードルが「世界から最も遠いスプリント種目」と言われたのも今は昔。日本人初のファイナルに向けて、泉谷駿介の挑戦が始まる。 文/向永拓史 ■男子110mH(※日本時間) 予 選 8月20日(日) 20時05分~ 準決勝 8月21日(月) 深夜3時05分~ 決 勝 8月21日(月) 深夜4時40分~

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top