HOME 海外

2023.08.16

世界陸連が新たな代理人制度を制定 代理人はライセンス制に ハラスメント対策も新たに発表

世界陸連(WA)は8月16日、競技者代理人(Athletes’ Representatives、以下AR)に関する新規制を発表した。今週の評議会での承認を経て今年9月1日から中央管理化されたライセンス制度が導入される。

ARになるための基準が設定され、申請した個人は審査と試験を受けることになる。試験には倫理コンプライアンスや保護条項(safeguard)など、スポーツエージェントとして活動するための必須科目が含まれる。

広告の下にコンテンツが続きます

アスリートとARが契約を結ぶことができる期間は最長2年間で、1年ごとに延長することができる。また、アスリート自身が代理人となることもできる。

新制度の下では、各国の競技団体がARを規制したり、ARに手数料を請求したりすることはできない。加盟競技団体がARの規制を希望する場合、自国の管轄区域内にある事項のみを規制することが許可されるが、WAの枠組みの最低基準を満たさなければならない。

WAは、虐待やハラスメントなど大会で発生する可能性のある行為から選手を保護するためのセーフガード規則も承認した。

加盟競技団体は役員、競技者、職員の、セーフガードに関する懸念(safeguarding concerns)について、自国内における虐待、ハラスメント、搾取の報告を管理し対処する責任を負う。自国において報告されたセーフガードに関する懸念の調査や告発のための手順を採用し、実施することが求められる。

広告の下にコンテンツが続きます

また、陸上競技に携わるすべての人に対する虐待、嫌がらせ、搾取の防止を目的とした対策としてウェブサイトで利用可能なEラーニングコース「Safeguarding Essentials」を開設した。

世界陸連(WA)は8月16日、競技者代理人(Athletes' Representatives、以下AR)に関する新規制を発表した。今週の評議会での承認を経て今年9月1日から中央管理化されたライセンス制度が導入される。 ARになるための基準が設定され、申請した個人は審査と試験を受けることになる。試験には倫理コンプライアンスや保護条項(safeguard)など、スポーツエージェントとして活動するための必須科目が含まれる。 アスリートとARが契約を結ぶことができる期間は最長2年間で、1年ごとに延長することができる。また、アスリート自身が代理人となることもできる。 新制度の下では、各国の競技団体がARを規制したり、ARに手数料を請求したりすることはできない。加盟競技団体がARの規制を希望する場合、自国の管轄区域内にある事項のみを規制することが許可されるが、WAの枠組みの最低基準を満たさなければならない。 WAは、虐待やハラスメントなど大会で発生する可能性のある行為から選手を保護するためのセーフガード規則も承認した。 加盟競技団体は役員、競技者、職員の、セーフガードに関する懸念(safeguarding concerns)について、自国内における虐待、ハラスメント、搾取の報告を管理し対処する責任を負う。自国において報告されたセーフガードに関する懸念の調査や告発のための手順を採用し、実施することが求められる。 また、陸上競技に携わるすべての人に対する虐待、嫌がらせ、搾取の防止を目的とした対策としてウェブサイトで利用可能なEラーニングコース「Safeguarding Essentials」を開設した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top