HOME 国内、世界陸上、日本代表
王者・山西利和20km競歩史上3人目の3連覇へ「深みをレースで表現したい」/ブダペスト世界陸上
王者・山西利和20km競歩史上3人目の3連覇へ「深みをレースで表現したい」/ブダペスト世界陸上

世界王者として3連覇を目指す男子20km競歩の山西利和

8月19日から始まるブダペスト世界陸上。注目の日本代表たちをピックアップする。

世界王者として臨む、自身3度目の世界選手権。つまり、初出場の19年ドーハ大会から男子20km競歩の山西利和(愛知製鋼)は一度も世界選手権で敗れてない。ただ、「3連覇がかかるから何があるというわけではない」と言うのがいかにも山西らしい。

広告の下にコンテンツが続きます

オレゴン大会を制し、「ワイルドカード」として出場権を持つため、今年2月の日本選手権など国内レースは回避。5月のポルトガルのレースが今年初戦だった。そこでは1時間20分58秒で3位となり、「勝ちに行った試合でしたし、警告が2つついたことも反省点」と振り返る。

そうした目の前のトレーニング・試合に一喜一憂せず、「ここから経験値と冬季練習でやってきたことを照らし合わせて調整していきたい」。焦らず、じっくりとスタートラインに立つつもりでいる。

山西は「自分でレースをデザインしていく」スタイルでライバルたちの“マーク”を振り払い、抑えてきた。「(マークを)受けて立てる実力が大事」だというのが山西の言う「王道」である。

男子20km競歩は大会の開幕を告げる19日の朝8時50分、ブダペストの象徴でもある「英雄広場」発着で行われる。この種目の3連覇となれば、2003年、05年07年を制したジェファーソン・ペレス(エクアドル)以来、史上2人目。

広告の下にコンテンツが続きます

「もちろん、3連覇をターゲットにしていますが、過去の実績が戦うのではなく、今の僕が相手と戦うだけ」。ただ、「泥臭く積み上げてきたものが形になればいいし、深みをレースで表現したい。日本では夕方のレースなので、観ている人に何か伝わればいいなと思います」と、自らの思い、信念、取り組んできたものをその歩きに込める。

文/向永拓史

■男子20km競歩(日本時間)
8月19日(土) 15時50分~

8月19日から始まるブダペスト世界陸上。注目の日本代表たちをピックアップする。 世界王者として臨む、自身3度目の世界選手権。つまり、初出場の19年ドーハ大会から男子20km競歩の山西利和(愛知製鋼)は一度も世界選手権で敗れてない。ただ、「3連覇がかかるから何があるというわけではない」と言うのがいかにも山西らしい。 オレゴン大会を制し、「ワイルドカード」として出場権を持つため、今年2月の日本選手権など国内レースは回避。5月のポルトガルのレースが今年初戦だった。そこでは1時間20分58秒で3位となり、「勝ちに行った試合でしたし、警告が2つついたことも反省点」と振り返る。 そうした目の前のトレーニング・試合に一喜一憂せず、「ここから経験値と冬季練習でやってきたことを照らし合わせて調整していきたい」。焦らず、じっくりとスタートラインに立つつもりでいる。 山西は「自分でレースをデザインしていく」スタイルでライバルたちの“マーク”を振り払い、抑えてきた。「(マークを)受けて立てる実力が大事」だというのが山西の言う「王道」である。 男子20km競歩は大会の開幕を告げる19日の朝8時50分、ブダペストの象徴でもある「英雄広場」発着で行われる。この種目の3連覇となれば、2003年、05年07年を制したジェファーソン・ペレス(エクアドル)以来、史上2人目。 「もちろん、3連覇をターゲットにしていますが、過去の実績が戦うのではなく、今の僕が相手と戦うだけ」。ただ、「泥臭く積み上げてきたものが形になればいいし、深みをレースで表現したい。日本では夕方のレースなので、観ている人に何か伝わればいいなと思います」と、自らの思い、信念、取り組んできたものをその歩きに込める。 文/向永拓史 ■男子20km競歩(日本時間) 8月19日(土) 15時50分~

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

NEWS 北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

2024.04.12

北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

女子やり投世界女王の北口榛花(JAL)が4月12日に帰国し、都内で会見を開いてシーズンインに向けて意気込みを語った 帰国の度に増えるメディアの数がその注目度を物語る。年明けに拠点とするチェコに向かい、3月21日からスペイ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top