HOME 国内

2023.06.01

女子は29人がMGC出場権を獲得! 東京五輪代表の一山麻緒、鈴木亜由子、前田穂南、オレゴン世界陸上9位の松田瑞生らがパリ五輪狙う
女子は29人がMGC出場権を獲得! 東京五輪代表の一山麻緒、鈴木亜由子、前田穂南、オレゴン世界陸上9位の松田瑞生らがパリ五輪狙う

パリ五輪出場を目指してMGCに臨む前田穂南、松田瑞生、鈴木亜由子、一山麻緒

パリ五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の参加資格獲得期限が5月31日に締め切りを迎え、出場権の獲得者が確定した。

MGCは東京五輪の代表選考会として発足した選考方式で、今回が2回目。上位2名がパリ五輪代表に内定する。今大会の参加資格は2021年11月以降のジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズの対象大会で出場記録・順位をクリアした選手に加え、海外などを含めた対象レースにおける「ワイルドカード」でも出場権を獲得できる条件が設定されていた。

広告の下にコンテンツが続きます

前回のMGCでは15人が出場権を獲得した女子は、男子同様に2倍近い29人が出場の権利を手にした。

東京五輪に出場した一山麻緒(資生堂)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)、前田穂南(天満屋)は、そろって2大会連続でMGC出場へ。昨年のオレゴン世界選手権9位の松田瑞生(ダイハツ)は22年の大阪国際女子マラソンで条件をクリアしている。

東京五輪では10000mで出場した安藤友香(ワコール)は、岩出玲亜(デンソー)とともに2大会連続のMGC出場を目指す。

このほか、昨年の海外マラソンで好走した細田あい(エディオン)と加世田梨花(ダイハツ)や、2月の大阪マラソンで日本人トップとなった渡邉桃子(天満屋)は初の挑戦となる。

広告の下にコンテンツが続きます

また、今年1月のヒューストンマラソンで日本歴代2位の2時間19分24秒をマークした新谷仁美(積水化学)も出場資格を持つが、9月のベルリマラソンへの出場を明言しており、MGCを見送る意向を示している。

MGCは10月15日に国立競技場発着とするコースで行われ、女子は午前8時10分にスタートする。

パリ五輪マラソン代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の参加資格獲得期限が5月31日に締め切りを迎え、出場権の獲得者が確定した。 MGCは東京五輪の代表選考会として発足した選考方式で、今回が2回目。上位2名がパリ五輪代表に内定する。今大会の参加資格は2021年11月以降のジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズの対象大会で出場記録・順位をクリアした選手に加え、海外などを含めた対象レースにおける「ワイルドカード」でも出場権を獲得できる条件が設定されていた。 前回のMGCでは15人が出場権を獲得した女子は、男子同様に2倍近い29人が出場の権利を手にした。 東京五輪に出場した一山麻緒(資生堂)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)、前田穂南(天満屋)は、そろって2大会連続でMGC出場へ。昨年のオレゴン世界選手権9位の松田瑞生(ダイハツ)は22年の大阪国際女子マラソンで条件をクリアしている。 東京五輪では10000mで出場した安藤友香(ワコール)は、岩出玲亜(デンソー)とともに2大会連続のMGC出場を目指す。 このほか、昨年の海外マラソンで好走した細田あい(エディオン)と加世田梨花(ダイハツ)や、2月の大阪マラソンで日本人トップとなった渡邉桃子(天満屋)は初の挑戦となる。 また、今年1月のヒューストンマラソンで日本歴代2位の2時間19分24秒をマークした新谷仁美(積水化学)も出場資格を持つが、9月のベルリマラソンへの出場を明言しており、MGCを見送る意向を示している。 MGCは10月15日に国立競技場発着とするコースで行われ、女子は午前8時10分にスタートする。

女子のMGC出場権獲得者をチェック!

名前 出場回数 所属
松田瑞生 2回目 ダイハツ
上杉真穂 初出場 スターツ
松下菜摘 初出場 天満屋
谷本観月 2回目* 天満屋
阿部有香里 初出場 京セラ
佐藤早也伽 初出場 積水化学
一山麻緒 2回目 資生堂
新谷仁美 初出場 積水化学
森田香織 初出場 パナソニック
安藤友香 2回目 ワコール
細田あい 初出場 エディオン
鈴木優花 初出場 第一生命グループ
福良郁美 初出場 大塚製薬
太田琴菜 初出場 日本郵政グループ
竹本香奈子 初出場 ダイハツ
岩出玲亜 2回目 デンソー
川内理江 初出場 大塚製薬
和久夢来 初出場 ユニバーサルエンターテインメント
山口遥 初出場 AC・KITA
加世田梨花 初出場 ダイハツ
鈴木亜由子 2回目 日本郵政グループ
大西ひかり 初出場 日本郵政グループ
吉川侑美 初出場 ユニクロ
前田彩里 2回目 ダイハツ
池田千晴 初出場 日立
大東優奈 初出場 天満屋
渡邉桃子 初出場 天満屋
市田美咲 初出場 エディオン
前田穂南 2回目 天満屋
*は前回のMGCの出場権を得たものの、エントリーしなかった選手

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top