HOME 学生長距離

2023.02.17

順大の3連覇なるか!?中大、日体大、城西大、関大も実力者そろう/大学男女混合駅伝
順大の3連覇なるか!?中大、日体大、城西大、関大も実力者そろう/大学男女混合駅伝

2022年の男女混合駅伝で優勝テープを切った順大の小暮真緒

2月19日(日)に第3回全国招待大学対校男女混合駅伝が大阪・長居公園内特設コース(6区間20km)で行われる。

出場校は主催の関西学連から関学大、京産大、立命大、関西学連選抜ら11チームが名を連ね、そこに関東学連から「招待校」として順大、城西大、拓大など8校を加えた全19チームが出場予定。1周2.8kmの全長20kmで争われ、6区間(3km、2km、5km、3km、2km、5km)を男女3人ずつが走ることになる。

注目は第1回、第2回と連覇中の順大だ。男子は学生駅伝で実績のある石井一希(3年)に加え、塩原匠、村尾雄己、山崎颯とスピードのある1年生3人をエントリー。女子は前回優勝メンバーで5000m15分台のベストを持つ小暮真緒(2年)が軸となり、3連覇を目論む。

前回2位の中大は箱根駅伝で好走した助川拓海、千守倫央、若林陽大の4年生トリオに加え、1500mで3分41秒56のベストを持つ山田俊輝(3年)という強力な布陣。女子も木下紗那、浜野光ら4人全員が5000m16分台の自己ベストを持つだけに、調子を合わせられれば優勝争いに絡んできそうだ。

前回4位の日体大も実力者がそろう。女子は日本インカレ5000m3位の尾方唯莉、同8位の嶋田桃子(ともに2年)を中心に全員が5000m16分30秒未満。男子は日本インカレ1500m8位の廣澤優斗(4年)、高村比呂飛(2年)ら中距離メンバーを並べて「3位以内」を狙う。

城西大も男子は1500mを中心とした中距離ランナーを並べ、女子は全日本大学女子駅伝7位のメンバーから兼子心晴(1年)、藤村華純(4年)ら主力が集った。

初出場となる立大は、1500mで4分12秒72の学生記録を持つ道下美槻(3年)が強力。男子もエントリー4人全員が1500m3分47秒未満とスピード自慢がそろい、上位進出の可能性を秘める。

関西勢では、日本インカレ10000m5位の亀田仁一路(3年)を要する前回3位の関大や、同5位の立命大が強力。両校はいずれも「前回の順位を超える」ことを目標に掲げている。

1区間の距離が短いだけに、1人のエースの力だけでは上位進出は難しい。序盤から先頭争いに加わり、ミスのない継走を実現できたチームに栄光が待っている。

また、「国立大学 東西四大学対抗戦」も同時開催され、大阪大、東大、一橋大、京大の4チームが出場する。

スタートは12時10分。大会の模様は関西テレビとBSフジにて生中継されるほか、当日夕方以降に「カンテレスポーツ公式YouTube」にて配信される。

3代目チャンピオンに輝くのはどの大学か。

次ページ 第3回全国招待大学対校男女混合駅伝 出場チーム一覧

2月19日(日)に第3回全国招待大学対校男女混合駅伝が大阪・長居公園内特設コース(6区間20km)で行われる。 出場校は主催の関西学連から関学大、京産大、立命大、関西学連選抜ら11チームが名を連ね、そこに関東学連から「招待校」として順大、城西大、拓大など8校を加えた全19チームが出場予定。1周2.8kmの全長20kmで争われ、6区間(3km、2km、5km、3km、2km、5km)を男女3人ずつが走ることになる。 注目は第1回、第2回と連覇中の順大だ。男子は学生駅伝で実績のある石井一希(3年)に加え、塩原匠、村尾雄己、山崎颯とスピードのある1年生3人をエントリー。女子は前回優勝メンバーで5000m15分台のベストを持つ小暮真緒(2年)が軸となり、3連覇を目論む。 前回2位の中大は箱根駅伝で好走した助川拓海、千守倫央、若林陽大の4年生トリオに加え、1500mで3分41秒56のベストを持つ山田俊輝(3年)という強力な布陣。女子も木下紗那、浜野光ら4人全員が5000m16分台の自己ベストを持つだけに、調子を合わせられれば優勝争いに絡んできそうだ。 前回4位の日体大も実力者がそろう。女子は日本インカレ5000m3位の尾方唯莉、同8位の嶋田桃子(ともに2年)を中心に全員が5000m16分30秒未満。男子は日本インカレ1500m8位の廣澤優斗(4年)、高村比呂飛(2年)ら中距離メンバーを並べて「3位以内」を狙う。 城西大も男子は1500mを中心とした中距離ランナーを並べ、女子は全日本大学女子駅伝7位のメンバーから兼子心晴(1年)、藤村華純(4年)ら主力が集った。 初出場となる立大は、1500mで4分12秒72の学生記録を持つ道下美槻(3年)が強力。男子もエントリー4人全員が1500m3分47秒未満とスピード自慢がそろい、上位進出の可能性を秘める。 関西勢では、日本インカレ10000m5位の亀田仁一路(3年)を要する前回3位の関大や、同5位の立命大が強力。両校はいずれも「前回の順位を超える」ことを目標に掲げている。 1区間の距離が短いだけに、1人のエースの力だけでは上位進出は難しい。序盤から先頭争いに加わり、ミスのない継走を実現できたチームに栄光が待っている。 また、「国立大学 東西四大学対抗戦」も同時開催され、大阪大、東大、一橋大、京大の4チームが出場する。 スタートは12時10分。大会の模様は関西テレビとBSフジにて生中継されるほか、当日夕方以降に「カンテレスポーツ公式YouTube」にて配信される。 3代目チャンピオンに輝くのはどの大学か。 次ページ 第3回全国招待大学対校男女混合駅伝 出場チーム一覧

第3回全国招待大学対校男女混合駅伝 出場チーム一覧

<関西学連> 大教大 関大 関学大 京教大 京産大 神戸学大 同志社大 佛教大 明治国際医療大 立命大 関西学連選抜 <関東学連>※招待校 順大 城西大 拓大 中大 筑波大 東洋大 日体大 立大 <国立大学 東西四大学対抗戦>※同時開催 東大 一橋大 京大 大阪大

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top