HOME 駅伝

2022.11.18

立命大5連覇なるか!? 出雲・全日本と最上位の関学大、京産大、大経大などが挑む/丹後大学駅伝
立命大5連覇なるか!? 出雲・全日本と最上位の関学大、京産大、大経大などが挑む/丹後大学駅伝

第84回関西学生対校駅伝競走大会(丹後大学駅伝)が11月19日(土)に京都府京丹後市で行われる。

前回、4連覇を果たした立命大をはじめ、10位までに入った京産大、関学大、関大、大経大、京大、びわこ学院大、阪大、近大、同大がシード校。そこに記録審査により選出された12校を加えた全22チームが出場する。

4連覇中の立命大だが、出雲駅伝は12位で関学大(10位)に関西勢トップの座を奪われた。続く全日本大学駅伝でも、関学大、大経大に先着を許して18位だった。5連覇が懸かる今大会への思いは強いだろう。

立命大は前回Vメンバーの半数以上が残っており、前回7区を区間新記録で走った山田真生(4年)がエース。前回1区区間賞で、出雲・全日本でも1区の大森駿斗(2年)も好調を維持している。

前回2区を区間2位でまとめた山崎皓太(2年)や、主将の松嶋陸(4年)らも優勝へのカギを握る存在だ。

立命大を追うのが関学大、関大、京産大、大経大、びわこ学院大あたりになる。特に、5年ぶりの王座奪還を目指す関学大に勢いがありそうだ。

出雲、全日本と関東以外では最上位だった関学大。チームの要は上田颯汰、井手翔琉の4年生コンビで、昨年の日本インカレ10000m日本人トップの上田は全日本で3区区間4位に走った。丹後では4年連続の区間賞獲得への視界は良好だ。

関大は今季多くの選手が自己ベストを更新し、20年ぶりに出雲駅伝に出場するなど波に乗っている。チームを引っ張るのは、亀田仁一路(3年)。春先はケガもあったが、徐々に復調し、日本インカレ10000mで日本人トップ(4位)をつかんだ。出雲駅伝では1区16位と粘りのレースだったが、実力を発揮すれば他校の脅威となる。

2年連続で出雲・全日本を逃した京産大は、粟井駿平(2年)を筆頭に、エントリー16名中、3年生3名、1・2年生13名という若い力で臨む。

23年ぶりの出場を決めた摂南大、そして初出場の大阪国際大、関西福祉大、大阪公立大がどれだけ上位争いに絡めるのかにも注目だ。

レースは久美浜・浜公園をスタート、宮津市役所をフィニッシュとする8区間84.5kmのコースで、7時45分スタート。大会特設サイトで7時20分からライブ配信される。

■第84回関西学生対校駅伝競走大会 出場チーム
・シード校
立命館大   23年連続81回目
京都産業大  54年連続54回目
関西学院大  23年連続52回目
関西大    24年連続67回目
大阪経済大  23年連続45回目
京都大    23年連続54回目
びわこ学院大  7年連続7回目
大阪大    11年連続29回目
近畿大    30年連続58回目
同志社大   2年連続56回目
・記録審査突破校
龍谷大    23年連続34回目
神戸学院大  2年連続9回目
神戸大    23年連続35回目
佛教大    9年連続22回目
大阪体育大  23年連続52回目
放送大学関西  2年連続2回目
摂南大    23年ぶり7回目
大阪学院大  11年連続21回目
大阪国際大  初出場
兵庫県立大  10年連続11回目
関西福祉大  初出場
大阪公立大  初出場

第84回関西学生対校駅伝競走大会(丹後大学駅伝)が11月19日(土)に京都府京丹後市で行われる。 前回、4連覇を果たした立命大をはじめ、10位までに入った京産大、関学大、関大、大経大、京大、びわこ学院大、阪大、近大、同大がシード校。そこに記録審査により選出された12校を加えた全22チームが出場する。 4連覇中の立命大だが、出雲駅伝は12位で関学大(10位)に関西勢トップの座を奪われた。続く全日本大学駅伝でも、関学大、大経大に先着を許して18位だった。5連覇が懸かる今大会への思いは強いだろう。 立命大は前回Vメンバーの半数以上が残っており、前回7区を区間新記録で走った山田真生(4年)がエース。前回1区区間賞で、出雲・全日本でも1区の大森駿斗(2年)も好調を維持している。 前回2区を区間2位でまとめた山崎皓太(2年)や、主将の松嶋陸(4年)らも優勝へのカギを握る存在だ。 立命大を追うのが関学大、関大、京産大、大経大、びわこ学院大あたりになる。特に、5年ぶりの王座奪還を目指す関学大に勢いがありそうだ。 出雲、全日本と関東以外では最上位だった関学大。チームの要は上田颯汰、井手翔琉の4年生コンビで、昨年の日本インカレ10000m日本人トップの上田は全日本で3区区間4位に走った。丹後では4年連続の区間賞獲得への視界は良好だ。 関大は今季多くの選手が自己ベストを更新し、20年ぶりに出雲駅伝に出場するなど波に乗っている。チームを引っ張るのは、亀田仁一路(3年)。春先はケガもあったが、徐々に復調し、日本インカレ10000mで日本人トップ(4位)をつかんだ。出雲駅伝では1区16位と粘りのレースだったが、実力を発揮すれば他校の脅威となる。 2年連続で出雲・全日本を逃した京産大は、粟井駿平(2年)を筆頭に、エントリー16名中、3年生3名、1・2年生13名という若い力で臨む。 23年ぶりの出場を決めた摂南大、そして初出場の大阪国際大、関西福祉大、大阪公立大がどれだけ上位争いに絡めるのかにも注目だ。 レースは久美浜・浜公園をスタート、宮津市役所をフィニッシュとする8区間84.5kmのコースで、7時45分スタート。大会特設サイトで7時20分からライブ配信される。 https://youtu.be/EOFD0bguGrE ■第84回関西学生対校駅伝競走大会 出場チーム ・シード校 立命館大   23年連続81回目 京都産業大  54年連続54回目 関西学院大  23年連続52回目 関西大    24年連続67回目 大阪経済大  23年連続45回目 京都大    23年連続54回目 びわこ学院大  7年連続7回目 大阪大    11年連続29回目 近畿大    30年連続58回目 同志社大   2年連続56回目 ・記録審査突破校 龍谷大    23年連続34回目 神戸学院大  2年連続9回目 神戸大    23年連続35回目 佛教大    9年連続22回目 大阪体育大  23年連続52回目 放送大学関西  2年連続2回目 摂南大    23年ぶり7回目 大阪学院大  11年連続21回目 大阪国際大  初出場 兵庫県立大  10年連続11回目 関西福祉大  初出場 大阪公立大  初出場

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top