HOME インフォ

2022.11.07

2022年最も輝いたアスリートは!?選手、ファン、メディアみんなで選ぶGetsurikuAwards2022開催!
2022年最も輝いたアスリートは!?選手、ファン、メディアみんなで選ぶGetsurikuAwards2022開催!

この度、そのシーズンで最も輝きを放ったアスリートを表彰する「Getsuriku Awards」を今年新たに創設することとなりました!

コンセプトは「最優秀」や「MVP(最も価値のある)」選手ではなく、その年に『最も輝きを放った選手=Crystal Athlete2022』を「みんなで選ぶ」というもの。

選手ファンの皆様からの投票と、陸上を取材するメディアの投票により決定。単純な競技成績だけではなく、話題性や注目度、心に残るパフォーマンスなどの観点も含めてご投票いただきます!

ここではファンの皆様からの投票を受け付けています! 以下のフォームより投票をお願いします。期間は11月20日まで。結果は12月上旬に発表予定。たくさんのご投票お待ちしております!

Crystal Athlete2022ファン投票はこちら

投票締め切り:2022年11月20日(※1人1回)

 

Crystal Athlete2022」編集部選定ノミネート選手

山西利和(愛知製鋼)

オレゴン世界選手権:男子20km競歩において金メダル
北口榛花(JAL)

オレゴン世界選手権:女子やり投において銅メダル、DLファイナル3位
サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)

オレゴン世界選手権:男子100m7位入賞
鈴木健吾(富士通)

東京マラソンにおいて2時間5分28秒をマーク
福部真子(日本建設工業)

女子100mH日本新、オレゴン世界選手権準決勝進出
三浦龍司(順大)

男子3000m障害DLファイナル4位
田中希実(豊田自動織機)

オレゴン世界選手権 3種目出場
真野友博(九電工)

オレゴン世界選手権:男子走高跳8位入賞
松田瑞生(ダイハツ)

大阪国際女子マラソンにおいて日本歴代5位の2時間20分52秒をマーク

Crystal Athlete2022ファン投票はこちら

【選出方法】
●月陸編集部が選出したノミネート選手から投票結果により1名を選出
●投票対象
・ファン投票 最多得票選手について3票分として集計
・アスリート投票(日本選手権チャンピオン)※

・陸上担当メディア投票(雑誌、新聞、テレビなど)※
・月陸編集部員投票
※別途、投票依頼

この度、そのシーズンで最も輝きを放ったアスリートを表彰する「Getsuriku Awards」を今年新たに創設することとなりました! コンセプトは「最優秀」や「MVP(最も価値のある)」選手ではなく、その年に『最も輝きを放った選手=Crystal Athlete2022』を「みんなで選ぶ」というもの。 選手ファンの皆様からの投票と、陸上を取材するメディアの投票により決定。単純な競技成績だけではなく、話題性や注目度、心に残るパフォーマンスなどの観点も含めてご投票いただきます! ここではファンの皆様からの投票を受け付けています! 以下のフォームより投票をお願いします。期間は11月20日まで。結果は12月上旬に発表予定。たくさんのご投票お待ちしております! Crystal Athlete2022ファン投票はこちら 投票締め切り:2022年11月20日(※1人1回)   Crystal Athlete2022」編集部選定ノミネート選手 山西利和(愛知製鋼) オレゴン世界選手権:男子20km競歩において金メダル 北口榛花(JAL) オレゴン世界選手権:女子やり投において銅メダル、DLファイナル3位 サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC) オレゴン世界選手権:男子100m7位入賞 鈴木健吾(富士通) 東京マラソンにおいて2時間5分28秒をマーク 福部真子(日本建設工業) 女子100mH日本新、オレゴン世界選手権準決勝進出 三浦龍司(順大) 男子3000m障害DLファイナル4位 田中希実(豊田自動織機) オレゴン世界選手権 3種目出場 真野友博(九電工) オレゴン世界選手権:男子走高跳8位入賞 松田瑞生(ダイハツ) 大阪国際女子マラソンにおいて日本歴代5位の2時間20分52秒をマーク Crystal Athlete2022ファン投票はこちら 【選出方法】 ●月陸編集部が選出したノミネート選手から投票結果により1名を選出 ●投票対象 ・ファン投票 最多得票選手について3票分として集計 ・アスリート投票(日本選手権チャンピオン)※ ・陸上担当メディア投票(雑誌、新聞、テレビなど)※ ・月陸編集部員投票 ※別途、投票依頼

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン1500mも大会新で完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティスも金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top