HOME 駅伝

2022.10.11

【出雲駅伝】駒大・佐藤圭汰が2区区間新で衝撃の学生駅伝デビュー 夏まで不調も「これから調子を戻していける」
【出雲駅伝】駒大・佐藤圭汰が2区区間新で衝撃の学生駅伝デビュー 夏まで不調も「これから調子を戻していける」

◇第34回出雲全日本大学選抜駅伝競走(10月10日・島根県出雲市)

これが大学駅伝デビュー戦。今季「最注目ルーキー」の呼び声通りの活躍を見せたのが、駒大の佐藤圭汰だった。

エースの田澤廉(4年)が1週間前に感染性胃腸炎になった影響もあり、その状態次第では3区に起用される可能性もあったという。それでも、田澤が3区を志願したことで、最短5.8kmの2区に起用された。京都・洛南高の2学年先輩である三浦龍司(順天堂大3年)も当日変更で2区に登場。駅伝初戦でいきなりオリンピアンの先輩に挑むことになった。

佐藤はトップの中大と9秒差の2位でタスキを受けると、1kmもしないうちに並び、2kmで先頭に立った。そして、これがこのレースで最後の首位交代になった。中大に5秒差をつけて3区の田澤にタスキをつなぐと、駒大はその後も後続をじわじわと引き離し、一度も首位を明け渡すことなく優勝を飾った。

2区は追い風が強かったこともあり、田村和希(青学大/現・住友電工)が持っていた区間記録を6人が上回った。このハイレベルな区間賞争いを制したのが佐藤だ。先輩の三浦をも4秒上回り、従来の区間記録を20秒も更新し、新たな区間記録保持者となった。

実は1週間前に膝を痛めて練習を中断したことがあり、不安があったという。それだけに「まずはしっかりと自分が思い描いていた結果を出せて、ホッとしています」と、佐藤はひとまず大学駅伝デビュー戦での快走に胸を撫で下ろしていた。

1500m、5000mの高校記録を提げて駒大に入学した佐藤も、入学直後はなかなか試合で結果を出せず苦しんだ。

「入寮してから大学の練習の流れがあまりわからなくて、高校の時にやっていたプラスアルファの練習を全然やっていなかったことが、良い結果が出なかった原因かなと思います。最近は練習の流れがわかってきて、どうしたら強くなれるか、しっかり考えられるようになった。これから調子を戻せるようになると思います」

この夏はU20世界選手権で体調不良になるアクシデントにも見舞われたが、後半はしっかりと距離を踏み、ハードな練習もこなした。先輩の田澤と同じメニューにチャレンジする機会も増えてきた。そして、今回の快走につなげた。「今回の圭汰の走りはガッツがあった。メンタル的にも強くなったと思います」と、大八木弘明監督も佐藤の走りを高く評価した。

「全日本は今回と同じように、区間新と区間賞を絶対に取りたい。箱根に関しては、まだスタミナの不安はありますが、絶対に出たい。チームは学生駅伝3冠という目標を立てているので、区間賞を取ってチームに貢献したいと思います」

チーム目標を達成するために、残り2つの駅伝での活躍を誓っている。

文/和田悟志

◇第34回出雲全日本大学選抜駅伝競走(10月10日・島根県出雲市) これが大学駅伝デビュー戦。今季「最注目ルーキー」の呼び声通りの活躍を見せたのが、駒大の佐藤圭汰だった。 エースの田澤廉(4年)が1週間前に感染性胃腸炎になった影響もあり、その状態次第では3区に起用される可能性もあったという。それでも、田澤が3区を志願したことで、最短5.8kmの2区に起用された。京都・洛南高の2学年先輩である三浦龍司(順天堂大3年)も当日変更で2区に登場。駅伝初戦でいきなりオリンピアンの先輩に挑むことになった。 佐藤はトップの中大と9秒差の2位でタスキを受けると、1kmもしないうちに並び、2kmで先頭に立った。そして、これがこのレースで最後の首位交代になった。中大に5秒差をつけて3区の田澤にタスキをつなぐと、駒大はその後も後続をじわじわと引き離し、一度も首位を明け渡すことなく優勝を飾った。 2区は追い風が強かったこともあり、田村和希(青学大/現・住友電工)が持っていた区間記録を6人が上回った。このハイレベルな区間賞争いを制したのが佐藤だ。先輩の三浦をも4秒上回り、従来の区間記録を20秒も更新し、新たな区間記録保持者となった。 実は1週間前に膝を痛めて練習を中断したことがあり、不安があったという。それだけに「まずはしっかりと自分が思い描いていた結果を出せて、ホッとしています」と、佐藤はひとまず大学駅伝デビュー戦での快走に胸を撫で下ろしていた。 1500m、5000mの高校記録を提げて駒大に入学した佐藤も、入学直後はなかなか試合で結果を出せず苦しんだ。 「入寮してから大学の練習の流れがあまりわからなくて、高校の時にやっていたプラスアルファの練習を全然やっていなかったことが、良い結果が出なかった原因かなと思います。最近は練習の流れがわかってきて、どうしたら強くなれるか、しっかり考えられるようになった。これから調子を戻せるようになると思います」 この夏はU20世界選手権で体調不良になるアクシデントにも見舞われたが、後半はしっかりと距離を踏み、ハードな練習もこなした。先輩の田澤と同じメニューにチャレンジする機会も増えてきた。そして、今回の快走につなげた。「今回の圭汰の走りはガッツがあった。メンタル的にも強くなったと思います」と、大八木弘明監督も佐藤の走りを高く評価した。 「全日本は今回と同じように、区間新と区間賞を絶対に取りたい。箱根に関しては、まだスタミナの不安はありますが、絶対に出たい。チームは学生駅伝3冠という目標を立てているので、区間賞を取ってチームに貢献したいと思います」 チーム目標を達成するために、残り2つの駅伝での活躍を誓っている。 文/和田悟志

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top