HOME 国内

2022.10.07

アジア選手権代表・大石沙也加が現役引退「好きだから続けてこられた」/栃木国体
アジア選手権代表・大石沙也加が現役引退「好きだから続けてこられた」/栃木国体

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)2日目

3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会2日目の成年女子100mに大石沙也加(岩手・セレスポ)が出場。現役を引退することを明かした。

大石(旧姓・藤沢)は1991年生まれの31歳。岩手女高から陸上をはじめ、岩手大へ進学してから全国トップレベルに成長。400mに距離を延ばして日本インカレで初の日本一を獲得した。

2013年にセレスポに入社。以降は全日本実業団対抗でいくどもタイトルを獲得。日本選手権でも2015年に200m、400mで2位に入るなど安定感が光った。15年にはアジア選手権4×400mリレー代表となり4位に貢献。21年の世界リレー選手権でも代表に選ばれている(補欠)。どんな種目・大会でも上位に顔を出す存在感のある選手だった。自己記録は100m11秒67、200m23秒76、400m53秒14。

近年はケガに泣かされることも多かったが「好きだから続けてこられました」と目頭を押さえながら振り返る大石。地元・岩手国体でも活躍するなど、岩手を代表するスプリンターだった。今後は社業に専念するが、「陸上が好きなのでまた関わって競技場に来られれば」と話していた。

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)2日目 3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会2日目の成年女子100mに大石沙也加(岩手・セレスポ)が出場。現役を引退することを明かした。 大石(旧姓・藤沢)は1991年生まれの31歳。岩手女高から陸上をはじめ、岩手大へ進学してから全国トップレベルに成長。400mに距離を延ばして日本インカレで初の日本一を獲得した。 2013年にセレスポに入社。以降は全日本実業団対抗でいくどもタイトルを獲得。日本選手権でも2015年に200m、400mで2位に入るなど安定感が光った。15年にはアジア選手権4×400mリレー代表となり4位に貢献。21年の世界リレー選手権でも代表に選ばれている(補欠)。どんな種目・大会でも上位に顔を出す存在感のある選手だった。自己記録は100m11秒67、200m23秒76、400m53秒14。 近年はケガに泣かされることも多かったが「好きだから続けてこられました」と目頭を押さえながら振り返る大石。地元・岩手国体でも活躍するなど、岩手を代表するスプリンターだった。今後は社業に専念するが、「陸上が好きなのでまた関わって競技場に来られれば」と話していた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top