HOME 国内、大学

2022.09.12

3年ぶり有観客開催 最終日200mは青野朱李が大会新、筑波大マイルV 総合は順大&日体大/日本IC
3年ぶり有観客開催 最終日200mは青野朱李が大会新、筑波大マイルV 総合は順大&日体大/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレが9月9日から11日までの3日間、京都で開催された。3年ぶりの有観客。声を出しての集団応援こそできないものの、仲間や家族、関係者の大きな拍手に背中を押された学生たちが熱戦を繰り広げた。

大会最終日の11日は男子7種目、女子8種目が実施。女子200mでは青野朱李(山梨学大)が100mに続いて2冠を達成した。23秒44(-0.2)は学生歴代2位タイで、高橋萌木子(平成国際大)の大会記録を12年ぶりに更新した。

男子4×400mリレーは筑波大が3分04秒43で13年ぶりの優勝。4×100mリレーとの2冠は同大にとって実に40年ぶりだった。同10000m競歩はオレゴン世界選手権20km競歩8位の住所大翔(順大院)が39分53秒61で貫禄勝ちを収めている。

女子七種競技の田中友梨(至学館大)は学生歴代8位の5506点で初優勝。同400mハードルは日本選手権覇者の山本亜美(立命大)が57秒23で制した。山本をアンカーに据えた4×400mリレーは立命大が3分38秒43で連覇を飾っている。

3日間を戦い終え、男子総合は順大が68点を積み上げて2年連続・節目の30回目V。女子は77点を獲得した日体大が2年連続10回目の総合優勝を果たした。

■日本インカレ3日目の優勝者
・男子
200m 鵜澤飛羽(筑波大2) 20秒54(+1.6)
800m 松本純弥(法大4) 1分48秒28
5000m 近藤幸太郎(青学大4) 13分50秒37
400mH 田中天智龍(早大3) 49秒20
10000m競歩 住所大翔(順大院1) 39分53秒61
4×400mR 筑波大 3分04秒43
三段跳 安立雄斗(福岡大4) 16m31(+0.6)

・女子
200m 青野朱李(山梨学大4) 23秒44(-0.2)=大会新
800m 山口光(順大4) 2分06秒71
5000m 山本有真(名城大4) 16分10秒17
400mH 山本亜美(立命大2) 57秒23
4×400mR 立命大 3分38秒43
砲丸投 大野史佳(埼玉大4) 15m62
やり投 木村玲奈(新潟医療福祉大3) 59m49
七種競技 田中友梨(至学館大3) 5506点

1日目の優勝者一覧はこちら
2日目の優勝者一覧はこちら
男子総合結果はこちら
女子総合結果はこちら

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極) 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレが9月9日から11日までの3日間、京都で開催された。3年ぶりの有観客。声を出しての集団応援こそできないものの、仲間や家族、関係者の大きな拍手に背中を押された学生たちが熱戦を繰り広げた。 大会最終日の11日は男子7種目、女子8種目が実施。女子200mでは青野朱李(山梨学大)が100mに続いて2冠を達成した。23秒44(-0.2)は学生歴代2位タイで、高橋萌木子(平成国際大)の大会記録を12年ぶりに更新した。 男子4×400mリレーは筑波大が3分04秒43で13年ぶりの優勝。4×100mリレーとの2冠は同大にとって実に40年ぶりだった。同10000m競歩はオレゴン世界選手権20km競歩8位の住所大翔(順大院)が39分53秒61で貫禄勝ちを収めている。 女子七種競技の田中友梨(至学館大)は学生歴代8位の5506点で初優勝。同400mハードルは日本選手権覇者の山本亜美(立命大)が57秒23で制した。山本をアンカーに据えた4×400mリレーは立命大が3分38秒43で連覇を飾っている。 3日間を戦い終え、男子総合は順大が68点を積み上げて2年連続・節目の30回目V。女子は77点を獲得した日体大が2年連続10回目の総合優勝を果たした。 ■日本インカレ3日目の優勝者 ・男子 200m 鵜澤飛羽(筑波大2) 20秒54(+1.6) 800m 松本純弥(法大4) 1分48秒28 5000m 近藤幸太郎(青学大4) 13分50秒37 400mH 田中天智龍(早大3) 49秒20 10000m競歩 住所大翔(順大院1) 39分53秒61 4×400mR 筑波大 3分04秒43 三段跳 安立雄斗(福岡大4) 16m31(+0.6) ・女子 200m 青野朱李(山梨学大4) 23秒44(-0.2)=大会新 800m 山口光(順大4) 2分06秒71 5000m 山本有真(名城大4) 16分10秒17 400mH 山本亜美(立命大2) 57秒23 4×400mR 立命大 3分38秒43 砲丸投 大野史佳(埼玉大4) 15m62 やり投 木村玲奈(新潟医療福祉大3) 59m49 七種競技 田中友梨(至学館大3) 5506点 1日目の優勝者一覧はこちら 2日目の優勝者一覧はこちら 男子総合結果はこちら 女子総合結果はこちら

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top