HOME 国内、大学

2022.09.11

女子は日体大が2年連続10回目の総合制覇 長距離陣が優勝含めて入賞量産/日本IC
女子は日体大が2年連続10回目の総合制覇 長距離陣が優勝含めて入賞量産/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目

広告の下にコンテンツが続きます

女子総合は、日体大が77点を獲得して2連覇。優勝回数は節目となる10回となった。

優勝こそ2日目に行われた3000m障害の齋藤みうのみ。だが、初日の1500mで尾方唯莉が2位に入ったほか、3000m障害では齋藤の他にも、4年生の赤堀かりんが3位に食い込んで、14点を挙げた。

さらに、最終日の5000mでは尾方が2種目入賞となる3位に入るなど、3人が8位以内と長距離で得点を量産。福岡大、立命大を抑えてトラック優勝も果たすなど活躍が光った。フィールド種目でも女子走幅跳の下田有希が3位を占めるなど、着実に加点した。

4×100mリレーのアンカーとして3位入賞に貢献した髙橋真由主将は「昨年の大玉さん(華鈴・日体大SMG横浜/七種競技)のような確実に高得点が望めるエースが不在でしたが、各パートが刺激し合い、力を合わせて強く団結した結果の勝利。特に長距離陣が力を発揮してくれました」と胸を張った。

広告の下にコンテンツが続きます

前々回の覇者で、前回6位の筑波大が59.83点で2位。髙良彩花が走幅跳で大会新の2連覇を果たし、三段跳でも2位に入るなど活躍した。タイトル奪還にはならかったが、フィールド優勝を果たして意地を見せた。

3位は51.33点で福岡大。初日の400mで森山静穂、2日目の4×100mリレーでそれぞれ優勝すると、最終日の200mは3人が入賞するなど、スプリント種目を軸に加点した。

46点で4位に入ったのは園田学園女大。棒高跳では古林愛理の優勝をはじめ、3人入賞で一挙17点を獲得した。また。400mの安達茉鈴と4×400mリレーでそれぞれ2位。持ち前の総合力で過去最高順位だった。

文/花木 雫

広告の下にコンテンツが続きます

■女子総合順位
日体大 77点
筑波大 59.83点
福岡大 51.33点
トラック優勝 日体大52点
フィールド優勝 筑波大38.83点
混成 優勝 中大13点
多種目優勝 順大3種目

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目 女子総合は、日体大が77点を獲得して2連覇。優勝回数は節目となる10回となった。 優勝こそ2日目に行われた3000m障害の齋藤みうのみ。だが、初日の1500mで尾方唯莉が2位に入ったほか、3000m障害では齋藤の他にも、4年生の赤堀かりんが3位に食い込んで、14点を挙げた。 さらに、最終日の5000mでは尾方が2種目入賞となる3位に入るなど、3人が8位以内と長距離で得点を量産。福岡大、立命大を抑えてトラック優勝も果たすなど活躍が光った。フィールド種目でも女子走幅跳の下田有希が3位を占めるなど、着実に加点した。 4×100mリレーのアンカーとして3位入賞に貢献した髙橋真由主将は「昨年の大玉さん(華鈴・日体大SMG横浜/七種競技)のような確実に高得点が望めるエースが不在でしたが、各パートが刺激し合い、力を合わせて強く団結した結果の勝利。特に長距離陣が力を発揮してくれました」と胸を張った。 前々回の覇者で、前回6位の筑波大が59.83点で2位。髙良彩花が走幅跳で大会新の2連覇を果たし、三段跳でも2位に入るなど活躍した。タイトル奪還にはならかったが、フィールド優勝を果たして意地を見せた。 3位は51.33点で福岡大。初日の400mで森山静穂、2日目の4×100mリレーでそれぞれ優勝すると、最終日の200mは3人が入賞するなど、スプリント種目を軸に加点した。 46点で4位に入ったのは園田学園女大。棒高跳では古林愛理の優勝をはじめ、3人入賞で一挙17点を獲得した。また。400mの安達茉鈴と4×400mリレーでそれぞれ2位。持ち前の総合力で過去最高順位だった。 文/花木 雫 ■女子総合順位 日体大 77点 筑波大 59.83点 福岡大 51.33点 トラック優勝 日体大52点 フィールド優勝 筑波大38.83点 混成 優勝 中大13点 多種目優勝 順大3種目

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top