月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

20km競歩銀メダル池田向希が帰国「心技体すべてでドーハの時より成長できている」/世界陸上

7月15日から開催されているオレゴン世界選手権。2日目までに競技を終えた一部の選手が帰国し、日本時間の18日に成田空港に到着した。

男子20km競歩で銀メダルを獲得した池田向希(旭化成)も無事に帰国。周囲からの祝福のメッセージが多く寄せられているようで、「いろいろな方から応援していただいているんだなと実感しました」と感謝の意を口にした。

今大会は前回覇者で東京五輪では1つ先着した山西利和(愛知製鋼)との一騎打ちに。終盤まで勝機をうかがっていたが、残り1kmで強烈なスパートを放ったライバルについていけず、レース後は「完敗です」と勝者を称えた。「今回は山西さんが想定したレースをさせてしまった。心の底から出てきた言葉でした」。

3年前の前回大会は6位入賞、昨年の東京五輪は日本勢最上位の2位だっただけに、「うれしい反面くやしさもある」と本音を口にするが、前回のドーハ大会時と比べて「心技体すべてで成長を感じている」とも。それは銀メダルという結果に対して「悔しい」と感じられるようになったことからも表れている。

「今後は来年の世界選手権、2年後のパリ五輪と国際大会が続いていきますが、狙ったすべての大会でメダル争いしていきたい。特にパリ五輪では連続メダルが懸かっているので、そこを1つのターゲットに置いていきます」

大会期間中に日本人史上初の100mファイナリスト(7位)となったサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)ら他の日本勢の活躍も「刺激になった」ようで、「種目は違いますが、チームJAPANとして高め合えたら」とメダリストとしての貫禄が垣間見えた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com