月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「最後の世界陸上という覚悟で臨んでいた」 マラソン棄権の新谷仁美がSNSで心境語る/世界陸上


7月15日から開催されているオレゴン世界選手権。新型コロナウイルスの陽性判定を受け、レース直前に棄権となった女子マラソンの新谷仁美(積水化学)が自身のSNSを更新し、「今日まで一緒に準備、サポートしてくださった皆さま 日本選手団の皆さま ご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありません」と苦しい胸の内ををつづった。

現地時間17日に発熱などの症状を訴え、選手村内でPCR検査を実施。新型コロナウイルスの陽性と判断された。現在はドクターと大会主催者の指示に従い、選手団とは隔離され、安静加療を行っている。

新谷は「まずは出ている症状を落ち着かせることに専念したい」と語り、「今回は私にとって最後の世界陸上という覚悟で臨んだだけにこの様な結果になってしまいとても辛いです。切り替えて次の目標に向けて頑張りたいと思います」と続けた。

日本時間の18日22時15分からスタートする女子マラソンでは一山麻緒(資生堂)も新型コロナウイルスの陽性判定を受けて欠場。日本からは松田瑞生(ダイハツ)のみが出場する。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com