月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

オレゴンでチャレンジ!日本代表がオンライン壮行会 主将は橋岡優輝&北口榛花/世界陸上

7月15日に開幕するオレゴン世界選手権を前にした7月7日、日本代表選手団がオンラインで壮行会を開いた。

日本選手団は同日に追加選手を含めて68名。監督を務める日本陸連の山崎一彦強化委員長は「今回のテーマは『チャレンジ』」と話し、「自己ベストを出してほしい」と選手たちに語りかけた。

また、男女それぞれの主将も発表。男子は走幅跳の橋岡優輝(富士通)、女子はやり投の北口榛花(JAL)が選ばれた。いずれもダイヤモンドアスリート修了生でジュニア時代から各国際大会で結果を残し、主将を務めた経験もある。

橋岡は「2度目の世界選手権。最大限の力を発揮して、主将として(大会の)前半からいい結果を残したい。力不足の面もあるので支えていただきたいです」と決意表明。北口は「パリ五輪に向けて、チームジャパンがいいスタートを切れればいいなと思います」と語った。

また、壮行会後には橋岡がメディアの取材に対応。金メダルを獲得しているU20世界選手権でも主将を務めた経験を持つが、「いい雰囲気で引っ張れたと思います」と言い、「しっかりピークを持っていきたい」と大会序盤で流れを作る構え。世界大会初出場も多いが「自分自身が楽しんで、楽にやっているといところを見せられれば」と言う。

日本選手権後は「取り戻した」という助走から跳躍を磨きつつ、「身体のバランスが少し崩れていたのでそこを意識して調整しています」と本番に向けて準備を進めてきた。自身の陸上王国、走幅跳王国の米国が舞台。「久しぶりの有観客での世界大会、しかもアメリカで盛り上がると思うので力を見せつけたいと思います」と意気込みを語った。

オレゴン世界選手権は7月15日から24日まで米国オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドを舞台に行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com