月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

デーデー・ブルーノ復調の10秒20でV!「中盤から後半が戻ってきた」/布勢スプリント


◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)2日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われた。

男子100mは予選で10秒02をマークしてオレゴン世界選手権代表を決めた坂井隆一郎(大阪ガス)が決勝を棄権。そんななか、レースを制したのはデーデー・ブルーノ(セイコー)だった。

「自分の得意な中盤から後半が戻ってきた」というデーデー。力強い走りでフィニッシュラインを駆け抜け、10秒20(+0.1)で優勝。予選でも10秒20(+1.1)で、いずれも自己記録(10秒19)に次ぐセカンドベストだった。

昨年は日本選手権で100m・200mともに2位に入ったデーデー。東京五輪4×100mリレーメンバーにも選ばれるなど飛躍の1年だった。しかし、今季は春先から「トップスピードを出すところが雑になっていた」と感覚が狂って調子を上げられずにいた。日本選手権も100m準決勝敗退、200m予選敗退。「走るのが嫌だな」と思ったこともあったという。

それでも「日本選手権の後から少しずつ感覚が戻ってきました」と走りを見直して復調。筋力を上げるために増やしていた体重も「練習量に合わせた食事管理」でやや絞った。今回の走りで「もっと行けそう。10秒0台に入りたいです」と手応えをつかんだ様子。課題に挙げるスタートが決まれば、夏から秋にかけて一段上がった走りが見られそうだ。

◇小池祐貴は10秒23で3位

東京五輪代表で9秒台を持つ小池祐貴(住友電工)は10秒23で3位。ワールドランキングで世界選手権代表に近い位置にいる小池は、「自分の走りを目指していけばタイムはついてくる」と切り替えていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com