月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子400m林申雅が今季高校2位の46秒96! 白川朝陽が女子3000mSCで高校歴代6位 岡山では南坂柚汰が10000mで県高校新/週末の各地競技会


6月24日から26日にかけて、大阪や埼玉、千葉などで府県内の選手権が行われ、中高生を中心に各地で好記録が相次いだ。

日本選手権と同じヤンマースタジアム長居で開催された大阪選手権では大塚高勢が大活躍。男子400mで林申雅(3年)が自己新、今季高校リスト2位の46秒96マーク。学生、社会人選手を抑えて優勝を飾った。同棒高跳でも北田琉偉(3年)が5m20で快勝している。さらに、女子3000m障害では2年生の白川朝陽が10分25秒14でトップ。この記録は高校歴代6位、高2歴代2位の好タイムだった。

埼玉県選手権の女子棒高跳では渡邊冴璃(大宮東高2)が3m80の自己新でV。男子100mで優勝した齊藤斗把(JAWS)は予選で10秒25(+1.8)をの自己新記録をマークしている。

岡山県選手権では男子10000mで南坂柚汰(倉敷高3)が気温26度の中で快走し、29分19秒42の県高校新記録でトップ。2位の桑田駿介(倉敷高2)も29分22秒96と従来の県記録を上回った。女子1500mでは留学生のジャネット・ニーヴァ(倉敷高3)が予選で4分11秒67の県国際新記録を樹立。決勝では4分22秒09で優勝したニーヴァに食らいついた、中学3年生のドルーリー朱瑛里(鶴山中)が4分27秒75の好タイムで2位に入った。また、女子砲丸投では奥山琴未(岡山商大附3)が14m29の大会新で快勝した。

長野県選手権では中学生の寺平祈愛(木祖中3)が活躍。土曜の200mを25秒24(-3.7)で制すると、翌日の100mも12秒41(-2.3)でスプリント2冠を達成した。女子やり投ではインターハイでも優勝候補に挙げられている倉田紗優加(伊那北高3)が53m74を放って優勝を飾った。

広島県選手権の女子ハンマー投では日本選手権チャンピオンの勝治玲海(九州共立大3)が58m73の大会新で貫禄勝ち。千葉県選手権は男子5000m競歩で立岩和大(順大M1)が19分54秒15の大会新で制している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com