月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

君嶋愛梨沙11秒36、兒玉芽生11秒38!女子100m12年ぶりの11秒3台決着/布勢スプリント


◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)2日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われた。

女子100mは日本選手権同様に熾烈なレースが展開。日本選手権優勝の君嶋愛梨沙(土木管理総合)が自己タイの11秒36(+0.3)をマークし、兒玉芽生(ミズノ)を0.02秒抑えた。11秒3台で決着したのは2010年日本選手権の福島千里と高橋萌木子以来、実に12年ぶりで、2004年日本選手権の小島初佳と坂上香織(ともに11秒39)を含む3例目だった。

「11秒2~1台を狙っていた」という君嶋だが、「30~60mのトップスピードが足りない」とレースを振り返る。ラストの競り合いではしっかりと勝ちきったが、タイムには満足とはいかなかった。

一方の兒玉は予選で追い風参考ながら11秒26(+3.1)をマーク。「失敗レースで風に押された感じはありますが今後につながると思います」と、そのスピードを体感できたことを収穫に挙げる。決勝は「日本選手権と同じ展開で、今回は自分の走りに集中できましたが競り負けたのが今の力」と兒玉。それでもサードベストの11秒38を出せて安堵の表情も浮かべる。

盛り上がりを見せる女子短距離。いずれも「個人で」と語るように個々の走力を上げて世界に進出すれば、日本記録更新、そして次のステージが見えてくる。

※事実関係に誤りがありましたので修正しました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com