月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

100mH青木益未が12秒台連発で優勝 世界陸上「準決勝で勝負したい」福部真子も12秒台突入/布勢スプリント

◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)2日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われた。

女子100mハードルは向かい風1.0となるなか、日本記録(12秒86)保持者の青木益未(七十七銀行)が12秒97で、13秒04の福部真子(日本建設工業)を抑えて優勝した。

青木は「予選で切りたかった」とオレゴン世界選手権の参加標準記録12秒84を狙って臨んだという。その予選は12秒97(+0.7)。別組で福部が自身初の12秒台となる12秒93(+1.7)をマークしており「決勝はいいレースをして、あわよくば2人とも切れるかな」と考えていたという。

ところがレース前に風向きが変わったこともあり目標に届かず。それでも「今年は12秒台を安定して出せているの」と評価した。100mでも高1でインターハイ優勝、今年は11秒51のベストを出し日本選手権では4位に入るスプリント力を持つ。その一方で「ハードリングは私が一番へた」と言うように課題に挙げている。

特に「上半身が起き上がってしまうところを抑えていきたい」と青木。それが噛み合えば「12秒8前半や12秒7台が出せると思います」と手応えをつかんでいる。

ワールドランキングで世界選手権出場の可能性を残すが、「東京五輪もぎりぎりだったので気にしないようにしています」と苦笑い。出場が決まれば「今日のような走りをして予選を突破して準決勝で勝負したい」と意気込みを語っていた。

予選で12秒台に入った福部。「12秒台はいつでも出せる」と話していたように、実際にマークして「この感じで12秒台なんだ」と振り返る。日本選手権時に脚を軽い肉離れし、左足の爪も痛めていたため「1回しかハードルを跳べなかった」という中での好記録だった。

まずは「12秒台を出せたのは自信になります」と話し、こちらもワールドランキングで世界選手権出場圏内に位置しており「決まればいいタイムが狙えるんじゃないかなと思います」と笑顔を見せた。

青木が岡山、福部が広島出身。中国地方出身の2人のハードラーが、鳥取から世界へ羽ばたこうとしている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com