月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

110mH高山峻野が復調の13秒3台を2本!世界陸上決まれば「準決勝目指す」/布勢スプリント


◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)2日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われた。

男子110mハードルは東京五輪代表の高山峻野(ゼンリン)が、予選で13秒31(+0.5)、決勝では13秒32(-0.5)と2度13秒32のオレゴン世界選手権標準記録を突破。決勝は世界選手権代表の村竹ラシッド(順大)を0.15秒抑えて優勝した。

記録は「まったく狙っていなかった」と高山。予選で「出し切った感じがあって、決勝は強引にいきました」とレースを振り返る。日本選手権に向けて「春に食あたりや左アキレス腱を痛めたこともあって練習をしすぎた」といい、13秒60で5位にとどまっていた。

そこから「1週間休んでフレッシュな状態」で臨めたことが記録につながったという。当時の日本記録13秒25を出すなど好調だった2019年シーズンと比べるのは難しいとしつつ、「スピードは戻ってきていませんが、スタートから加速できるようになってきた」と、少しずつ本来の走りを取り戻してきた。

日本選手権3位以内に入っていないため世界選手権の代表に即内定はならず。世界陸連が後日発表する参加標準記録とワールドランキングを踏まえた出場資格者の中に入り、かつ同条件に日本選手権の上位選手がいなかった場合は出場となる可能性もある。

「出場が決まればこの後は試合に出ずに調整します。準決勝を目指せれば」。ハイレベルになったスプリントハードルを引き上げてきた高山が復活ののろしを上げた。

◇村竹は2位「ベストかそれ以上出したかった」

村竹ラシッドは予選で13秒39、決勝は13秒47だった。世界選手権に向けた「練習としてしっかり2本追い込めた」と言うものの、「予選は良かったとして、決勝はベストかそれ以上を出したかった」と悔やむ。それでも「高山さんが速かった。なかなか10台このレベルで走れないので追い込めました」と、良い経験となった様子。世界選手権に向けて「少しずつ(気持ちを)上げていきたい。予選は最低限突破したい」と見据えていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com