HOME ニュース、国内

2022.06.26

110mH高山峻野が復調の13秒3台を2本!世界陸上決まれば「準決勝目指す」/布勢スプリント
110mH高山峻野が復調の13秒3台を2本!世界陸上決まれば「準決勝目指す」/布勢スプリント


◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)2日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

男子110mハードルは東京五輪代表の高山峻野(ゼンリン)が、予選で13秒31(+0.5)、決勝では13秒32(-0.5)と2度13秒32のオレゴン世界選手権標準記録を突破。決勝は世界選手権代表の村竹ラシッド(順大)を0.15秒抑えて優勝した。

記録は「まったく狙っていなかった」と高山。予選で「出し切った感じがあって、決勝は強引にいきました」とレースを振り返る。日本選手権に向けて「春に食あたりや左アキレス腱を痛めたこともあって練習をしすぎた」といい、13秒60で5位にとどまっていた。

そこから「1週間休んでフレッシュな状態」で臨めたことが記録につながったという。当時の日本記録13秒25を出すなど好調だった2019年シーズンと比べるのは難しいとしつつ、「スピードは戻ってきていませんが、スタートから加速できるようになってきた」と、少しずつ本来の走りを取り戻してきた。

日本選手権3位以内に入っていないため世界選手権の代表に即内定はならず。世界陸連が後日発表する参加標準記録とワールドランキングを踏まえた出場資格者の中に入り、かつ同条件に日本選手権の上位選手がいなかった場合は出場となる可能性もある。

広告の下にコンテンツが続きます

「出場が決まればこの後は試合に出ずに調整します。準決勝を目指せれば」。ハイレベルになったスプリントハードルを引き上げてきた高山が復活ののろしを上げた。

◇村竹は2位「ベストかそれ以上出したかった」

村竹ラシッドは予選で13秒39、決勝は13秒47だった。世界選手権に向けた「練習としてしっかり2本追い込めた」と言うものの、「予選は良かったとして、決勝はベストかそれ以上を出したかった」と悔やむ。それでも「高山さんが速かった。なかなか10台このレベルで走れないので追い込めました」と、良い経験となった様子。世界選手権に向けて「少しずつ(気持ちを)上げていきたい。予選は最低限突破したい」と見据えていた。

◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)2日目 日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われた。 男子110mハードルは東京五輪代表の高山峻野(ゼンリン)が、予選で13秒31(+0.5)、決勝では13秒32(-0.5)と2度13秒32のオレゴン世界選手権標準記録を突破。決勝は世界選手権代表の村竹ラシッド(順大)を0.15秒抑えて優勝した。 記録は「まったく狙っていなかった」と高山。予選で「出し切った感じがあって、決勝は強引にいきました」とレースを振り返る。日本選手権に向けて「春に食あたりや左アキレス腱を痛めたこともあって練習をしすぎた」といい、13秒60で5位にとどまっていた。 そこから「1週間休んでフレッシュな状態」で臨めたことが記録につながったという。当時の日本記録13秒25を出すなど好調だった2019年シーズンと比べるのは難しいとしつつ、「スピードは戻ってきていませんが、スタートから加速できるようになってきた」と、少しずつ本来の走りを取り戻してきた。 日本選手権3位以内に入っていないため世界選手権の代表に即内定はならず。世界陸連が後日発表する参加標準記録とワールドランキングを踏まえた出場資格者の中に入り、かつ同条件に日本選手権の上位選手がいなかった場合は出場となる可能性もある。 「出場が決まればこの後は試合に出ずに調整します。準決勝を目指せれば」。ハイレベルになったスプリントハードルを引き上げてきた高山が復活ののろしを上げた。 ◇村竹は2位「ベストかそれ以上出したかった」 村竹ラシッドは予選で13秒39、決勝は13秒47だった。世界選手権に向けた「練習としてしっかり2本追い込めた」と言うものの、「予選は良かったとして、決勝はベストかそれ以上を出したかった」と悔やむ。それでも「高山さんが速かった。なかなか10台このレベルで走れないので追い込めました」と、良い経験となった様子。世界選手権に向けて「少しずつ(気持ちを)上げていきたい。予選は最低限突破したい」と見据えていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top