月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子1500m長嶋幸宝が逃げ切りでバースデーV! 6人が3分50秒切りのハイレベル /IH近畿大会

◇インターハイ近畿大会(6月16日~19日/奈良市)

徳島インターハイ出場を懸けた近畿大会の2日目、男子1500mは長嶋幸宝(西脇工3兵庫)が圧巻の走りを披露した。

予選、決勝を通じ合わせて10人が3分50秒を切る地区予選とは思えない大激戦。終始レースを引っ張った長嶋が3分46秒86の好タイムで逃げ切り勝ちを果たした。

入りの400mを58秒、続く800mを2分00秒で通過。「2~3周目が少し緩んだのが反省点」と話すように1200mの通過が3分03秒とややペースが落ちるも、この時点で先頭集団は6人に絞られることに。2m前後の強い風が吹く悪コンディションだったこともあり「長嶋のペースが落ちていたので勝てると思った」と、残り300m過ぎに昨秋の近畿ユースを制している安原海晴(滋賀学園3)が前に出ようとするも、「最後まで先頭を譲るつもりはありませんでした。今日(6月17日)が誕生日なので、その意味でも絶対負けられなかった」と、長嶋が再度ギアを上げ後続を振り切った。

3組4着+3で行われた前日の予選でもスタート直後から先頭に立ち、400mを59秒、800mを2分01秒のハイラップを刻むも「900mを過ぎたコーナーで後続を確認したら大きな集団だったので、さすがに近畿はレベルが高いと思いました」(長嶋)と振り返るようにトップ通過の長嶋が3分47秒48、3分48秒97で6位の近森遥斗(智辯カレッジ3奈良)までが3分49秒を切るハイレベルなレースとなった。

昨年のインターハイ4位、3分44秒87の高2歴代2位のベストを持つ長嶋でも、「予想以上にレベルが高かったので緊張もあり、レース前の流しでも少し脚が重く感じた」とプレッシャーを感じていた。それらを跳ねのけての優勝に「自己ベスト、佐藤さん(圭汰・洛南/現・駒大)の大会記録(3分43秒54)の更新が目標でしたが届きませんでした。それでもチームメイトの藤田(大智、3年)と一緒にインターハイに行けるのはうれしい」と笑顔を見せる。

最後まで長嶋に食らいついた安原が3分47秒53で2位、前日の予選で長嶋に続く3分47秒70の自己ベストをマークしていた乙守勇志(大阪3)が0.60秒差の3位。予選・決勝と2レース続けて3分50秒を切ったのは長嶋と乙守のみ。速さ以上に強さが必要となるインターハイ路線で、その過酷さが示される結果となった。

男子1500m決勝 全国大会進出の6名
1位:3分46秒86 長嶋幸宝(西脇工3兵庫)
2位:3分47秒53 安原海晴(滋賀学園3滋賀)
3位:3分48秒13 乙守勇志(大阪3大阪)
4位:3分48秒19 嘉良戸翔太(洛南3京都)
5位:3分49秒40 藤田大智(西脇工3兵庫)
6位:3分49秒85 田井中悠成(滋賀学園3滋賀)

男子棒高跳は、大会記録を12㎝更新する5m23の高校歴代10位タイ、大阪高校新記録をマークした渡邉瑛斗(大塚3)が初V、女子100mは前日の400mを制していた児島柚月(西京3京都)が12秒02(-1.9)で競り勝ちスプリント2冠を達成。男子円盤投もハンマー投に続き山口翔輝夜(社3兵庫)が51m46で2位以下に5m以上の大差を付け圧勝を飾り二冠を飾った。

男女の4×100mリレーでも好記録が誕生。男子は、予選・準決勝と40秒0台(03、06)を連発していた洛南(京都)が40秒13で5年ぶり9度目のV、女子は京都橘(京都)が45秒73の大会新記録で4年ぶり5度目の頂点に立った。

地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは8月3日から7日まで徳島県で開催される。

◇近畿大会2日目までの優勝者一覧
男子
100m   大石凌功(洛南3京都)10秒59(-1.5)
400m    林申雅(大塚3大阪)48秒10
1500m  長嶋幸宝(西脇工3兵庫)3分46秒86
4×100mR 洛南(京都)40秒13
棒高跳  渡邉瑛斗(大塚3大阪)5m23=大会新
走幅跳  吉田正道(姫路商3兵庫)7m47(-0.6)
円盤投   山口翔輝夜(社3兵庫)51m46
ハンマー投 山口翔輝夜(社3兵庫)64m51
八種競技  前田和希(紀央館3和歌山)5404点

女子
100m   児島柚月(西京3京都)12秒02(-1.9)
400m    児島柚月(西京3京都)54秒12
1500m   水本佳菜(薫英女学院3大阪)4分18秒44
4×100mR  京都橘 45秒73=大会新
走高跳   山下愛生(北摂三田3)1m74
走幅跳   辻杏樹(草津東3滋賀)5m74(-1.7)
円盤投   阪本海月華(紀央館3和歌山)42m49
ハンマー投 嶋本美海(添上2奈良)51m32

文/花木 雫

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com