HOME ニュース、国内

2022.05.20

鈴木雄介が世界陸上35km競歩代表を辞退 「どうしても復調に至らず、今回も止む無く決断」
鈴木雄介が世界陸上35km競歩代表を辞退 「どうしても復調に至らず、今回も止む無く決断」


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
5月20日、日本陸連は今年7月に行われるオレゴン世界選手権の男子35km競歩代表に決定していた鈴木雄介(富士通)が代表を辞退すると発表した。鈴木は前回優勝者枠(ワイルドカード)による出場資格のため、辞退による新たな代表選手の追加はない。

20km競歩で世界記録を持つ鈴木は、20年以降、慢性的な疲労状態から回復できず、昨年の東京五輪代表に内定していたものの6月に辞退を表明。その際は、「今後は、コンディションを整えながら、徐々に試合に復帰していければと考えています。22年世界陸上、そして次回のオリンピックでは金メダルを目指せるように頑張りたいと思います」と話していた。

だが、その後も状態は好転せず、日本陸連・競歩シニアディレクターの今村文男氏は4月の代表発表会見で「今後の調整と状態を見極めながら、スタートラインに立つか判断していく」と述べていたものの、大会に参加できるまでの状態までの回復には至らず、今回の決断となった。

鈴木は所属する富士通のホームページで、「昨年の東京2020オリンピックに続いての辞退となり、日頃からご支援・ご声援いただいている皆様のご期待に沿うことができず申し訳ない気持ちです」と現在の心境を明かす一方、「まだ競技の第一線から退くことは考えておらず、今後も、まずは大会に出場することを目標に、一歩ずつ進んでいきたいと思います」と、今後に向けて現役を続けることを表明している。

■鈴木雄介コメント全文
この度、オレゴン2022世界選手権男子35km競歩代表を辞退することといたしました。昨年の東京2020オリンピックに続いての辞退となり、日頃からご支援・ご声援いただいている皆様のご期待に沿うことができず申し訳ない気持ちです。

昨年の辞退以降、今回の世界選手権に向けて回復に努めてまいりましたが、どうしても復調に至らず、今回も止む無く決断いたしました。

まだ競技の第一線から退くことは考えておらず、今後も、まずは大会に出場することを目標に、一歩ずつ進んでいきたいと思います。ご支援・ご声援よろしくお願いいたします。

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT) 5月20日、日本陸連は今年7月に行われるオレゴン世界選手権の男子35km競歩代表に決定していた鈴木雄介(富士通)が代表を辞退すると発表した。鈴木は前回優勝者枠(ワイルドカード)による出場資格のため、辞退による新たな代表選手の追加はない。 20km競歩で世界記録を持つ鈴木は、20年以降、慢性的な疲労状態から回復できず、昨年の東京五輪代表に内定していたものの6月に辞退を表明。その際は、「今後は、コンディションを整えながら、徐々に試合に復帰していければと考えています。22年世界陸上、そして次回のオリンピックでは金メダルを目指せるように頑張りたいと思います」と話していた。 だが、その後も状態は好転せず、日本陸連・競歩シニアディレクターの今村文男氏は4月の代表発表会見で「今後の調整と状態を見極めながら、スタートラインに立つか判断していく」と述べていたものの、大会に参加できるまでの状態までの回復には至らず、今回の決断となった。 鈴木は所属する富士通のホームページで、「昨年の東京2020オリンピックに続いての辞退となり、日頃からご支援・ご声援いただいている皆様のご期待に沿うことができず申し訳ない気持ちです」と現在の心境を明かす一方、「まだ競技の第一線から退くことは考えておらず、今後も、まずは大会に出場することを目標に、一歩ずつ進んでいきたいと思います」と、今後に向けて現役を続けることを表明している。 ■鈴木雄介コメント全文 この度、オレゴン2022世界選手権男子35km競歩代表を辞退することといたしました。昨年の東京2020オリンピックに続いての辞退となり、日頃からご支援・ご声援いただいている皆様のご期待に沿うことができず申し訳ない気持ちです。 昨年の辞退以降、今回の世界選手権に向けて回復に努めてまいりましたが、どうしても復調に至らず、今回も止む無く決断いたしました。 まだ競技の第一線から退くことは考えておらず、今後も、まずは大会に出場することを目標に、一歩ずつ進んでいきたいと思います。ご支援・ご声援よろしくお願いいたします。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top