月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

1500mは飯澤千翔が3年ぶりV!「ラスト自信があった」世界陸上へ意気込み/関東IC

◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)2日目

関東インカレの2日目に行われた男子1500mは、飯澤千翔(東海大)が3分44秒47をマークし、1年時に制して以来3年ぶりの優勝を手にした。

「マークされるとは思っていましたが、ラストには自信がありました」。最後の切れ味で他を圧倒する様は威風堂々。「いつも通りの仕掛けで勝ち切れました」と納得の表情を浮かべた。

5月1日の木南記念直後から長野に入って高地でトレーニングを積んできたという飯澤。荒井七海(Honda)と遠藤日向(住友電工)に揉まれ、大会2日前に高地から降りたばかり。「疲労はありました」という中で貫禄を見せた。

世界選手権の参加標準記録3分35秒00に向けて「手応えはあるので、あとは気象などコンディション次第」と飯澤。日本選手権でしっかり3位以内に入り、6月22日のホクレン深川で記録を狙いにいく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com