月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

染谷佳大が20秒86で200mを制す 松本奈菜子はロングスプリント2冠 男子砲丸投の村上輝は17m91/東日本実業団


第64回東日本実業団選手権の最終日が5月15日、山形県天童市のNDソフトスタジアム山形(山形県総合運動公園陸上競技場)で行われ、男子200mは染谷佳大(大和ハウス)が20秒86(+1.0)で制した。

5月3日の静岡国際では20秒48の自己記録をマークするなど好調の染谷は、予選を向かい風0.3mのなか21秒30で通過すると、決勝もスタート直後から他の選手を引き離して快勝。大会2連覇を飾った。

女子200mは松本奈菜子(東邦銀行)が24秒33(-1.8)で、昨年の日本選手権400m覇者の小林茉由(J.VIC)を抑えて快勝。前日の400mに続き2種目を制した。また、女子400mハードルは宇都宮絵莉(長谷川体育施設)が57秒42で制した。

男子砲丸投では村上輝(日本体育施設)が自己記録に迫る17m91でV。男子ハンマー投の木村友大(ゼンリン)は3投目に68m87を放ち、逆転で優勝を飾った。

長距離では女子5000mに東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が出場し、16分04秒72で11位。優勝はM.アキドル(コモディイイダ)が外国人参考新記録の15分03秒95をマーク。日本人トップは小海遥(第一生命グループ)で、15分46秒62の7位だった。女子3000m障害の森智香子(積水化学)は10分02秒48で2連覇を果たした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com