HOME ニュース、国内

2022.05.15

山西利和が男子10000mWに貫禄勝ち 女子も園田世玲奈がV 君嶋愛梨沙が短距離2冠/中部実業団対抗
山西利和が男子10000mWに貫禄勝ち 女子も園田世玲奈がV 君嶋愛梨沙が短距離2冠/中部実業団対抗

20km競歩の山西利和


第66回中部実業団対抗大会の最終日が5月15日、岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、男子10000m競歩では東京五輪20km競歩銅メダリストで、7月のオレゴン世界選手権代表の山西利和(愛知製鋼)が39分18秒57で3連覇を飾った。

国内では昨年8月の東京五輪以来のレースとなった山西は、スタートから1km4分を切るペースで周回を重ね5000mを19分45秒で通過。ラスト1000mは3分48秒とペースアップして、2位の丸尾知司(愛知製鋼)に大差をつけてフィニッシュした。また、同時に実施された女子10000m競歩でも世界選手権の代表の園田世玲奈(NTN)が44分27秒79の大会新記録で3連覇を果たした。

女子100mは前日の200mを制した君嶋愛梨沙(土木管理総合)が11秒79(-0.9)で2冠を達成。大会記録も11年ぶりに更新した。男子棒高跳では昨年の日本選手権優勝の竹川倖生(丸元産業)が5m30で快勝。男子ハンマーの墨訓熙(小林クリエイト)は67m64で3年ぶり3回目の優勝を果たした。また、女子円盤投で40m64を放った徳岡沙織(一宮北高教)が砲丸投とあわせて2種目を制した。

団体総合は男女の部がトヨタ自動車、男子は愛三工業、女子は豊田自動織機がそれぞれ優勝した。

第66回中部実業団対抗大会の最終日が5月15日、岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、男子10000m競歩では東京五輪20km競歩銅メダリストで、7月のオレゴン世界選手権代表の山西利和(愛知製鋼)が39分18秒57で3連覇を飾った。 国内では昨年8月の東京五輪以来のレースとなった山西は、スタートから1km4分を切るペースで周回を重ね5000mを19分45秒で通過。ラスト1000mは3分48秒とペースアップして、2位の丸尾知司(愛知製鋼)に大差をつけてフィニッシュした。また、同時に実施された女子10000m競歩でも世界選手権の代表の園田世玲奈(NTN)が44分27秒79の大会新記録で3連覇を果たした。 女子100mは前日の200mを制した君嶋愛梨沙(土木管理総合)が11秒79(-0.9)で2冠を達成。大会記録も11年ぶりに更新した。男子棒高跳では昨年の日本選手権優勝の竹川倖生(丸元産業)が5m30で快勝。男子ハンマーの墨訓熙(小林クリエイト)は67m64で3年ぶり3回目の優勝を果たした。また、女子円盤投で40m64を放った徳岡沙織(一宮北高教)が砲丸投とあわせて2種目を制した。 団体総合は男女の部がトヨタ自動車、男子は愛三工業、女子は豊田自動織機がそれぞれ優勝した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top