月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

山西利和が男子10000mWに貫禄勝ち 女子も園田世玲奈がV 君嶋愛梨沙が短距離2冠/中部実業団対抗


第66回中部実業団対抗大会の最終日が5月15日、岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、男子10000m競歩では東京五輪20km競歩銅メダリストで、7月のオレゴン世界選手権代表の山西利和(愛知製鋼)が39分18秒57で3連覇を飾った。

国内では昨年8月の東京五輪以来のレースとなった山西は、スタートから1km4分を切るペースで周回を重ね5000mを19分45秒で通過。ラスト1000mは3分48秒とペースアップして、2位の丸尾知司(愛知製鋼)に大差をつけてフィニッシュした。また、同時に実施された女子10000m競歩でも世界選手権の代表の園田世玲奈(NTN)が44分27秒79の大会新記録で3連覇を果たした。

女子100mは前日の200mを制した君嶋愛梨沙(土木管理総合)が11秒79(-0.9)で2冠を達成。大会記録も11年ぶりに更新した。男子棒高跳では昨年の日本選手権優勝の竹川倖生(丸元産業)が5m30で快勝。男子ハンマーの墨訓熙(小林クリエイト)は67m64で3年ぶり3回目の優勝を果たした。また、女子円盤投で40m64を放った徳岡沙織(一宮北高教)が砲丸投とあわせて2種目を制した。

団体総合は男女の部がトヨタ自動車、男子は愛三工業、女子は豊田自動織機がそれぞれ優勝した。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com