HOME その他

2022.05.13

お詫びと訂正(月刊陸上競技2022年6月号付録)
お詫びと訂正(月刊陸上競技2022年6月号付録)

月刊陸上競技2022年6月号別冊付録「学生駅伝ガイド2022春」にて複数個所誤りがございました。下記に正しい情報を記載し、訂正いたします。

P32 順天堂大学
卒業生・近藤亮太選手の進路「三菱重工」

広告の下にコンテンツが続きます

P35 東京国際大
●ハーフマラソン10傑
1.01.18 Y.ヴィンセント④ 22年
1.03.14 L.ムセンビ④   21年
1.03.48 白井 勇佑②    22年
1.04.33 冨永 昌輝②    22年
1.04.37 丹所  健④    21年
1.04.39 岡  剛史②    22年
1.05.02 川畑 昇大③    22年
1.05.42 坪田 開龍④    22年
1.05.42 堀畑 佳吾④    19年
1.05.53 倉掛  響②    22年

P46 拓殖大学
主将の意気込み
「今年はチームスローガンに『ゼロからの挑戦』を掲げ、昨年度の敗退から速さより強さを求めて日々練習をしています。今年こそ新しく強い拓大で箱根路に戻りたいと思います」

10000m5傑
27.25.65 J.ラジニ④   21年
28.49.31 江口 清洋④  21年
29.01.76 小山 晴空②  21年
29.04.47 佐々木虎太郎④ 21年
29.11.64 吉村  陸④  21年
上位8人平均 28.54.95

P58 最新戦力分析
表1 10000m平均タイム
拓 大 ⑭28.54.95
大東大 ⑮28.55.18

広告の下にコンテンツが続きます

表2 総合力評価
⑯大東大 48
⑳拓 大 60.5
※順位に変動なし

選手ご本人、大学関係者の皆様にお詫びして訂正いたします。

月刊陸上競技2022年6月号別冊付録「学生駅伝ガイド2022春」にて複数個所誤りがございました。下記に正しい情報を記載し、訂正いたします。 P32 順天堂大学 卒業生・近藤亮太選手の進路「三菱重工」 P35 東京国際大 ●ハーフマラソン10傑 1.01.18 Y.ヴィンセント④ 22年 1.03.14 L.ムセンビ④   21年 1.03.48 白井 勇佑②    22年 1.04.33 冨永 昌輝②    22年 1.04.37 丹所  健④    21年 1.04.39 岡  剛史②    22年 1.05.02 川畑 昇大③    22年 1.05.42 坪田 開龍④    22年 1.05.42 堀畑 佳吾④    19年 1.05.53 倉掛  響②    22年 P46 拓殖大学 主将の意気込み 「今年はチームスローガンに『ゼロからの挑戦』を掲げ、昨年度の敗退から速さより強さを求めて日々練習をしています。今年こそ新しく強い拓大で箱根路に戻りたいと思います」 10000m5傑 27.25.65 J.ラジニ④   21年 28.49.31 江口 清洋④  21年 29.01.76 小山 晴空②  21年 29.04.47 佐々木虎太郎④ 21年 29.11.64 吉村  陸④  21年 上位8人平均 28.54.95 P58 最新戦力分析 表1 10000m平均タイム 拓 大 ⑭28.54.95 大東大 ⑮28.55.18 表2 総合力評価 ⑯大東大 48 ⑳拓 大 60.5 ※順位に変動なし 選手ご本人、大学関係者の皆様にお詫びして訂正いたします。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top