月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ダイヤモンドリーグ開幕 ピータースが世界歴代5位の93m07 ヴァドレイヒ90m88 ライルズ19秒72w/DLドーハ


世界陸連の今季ダイヤモンドリーグ(DL)が5月13日、ドーハ(カタール)で開幕し、男子やり投は2019年ドーハ世界選手権金メダリストのA.ピータース(グレナダ)が世界歴代5位の93m07で優勝した。

24歳のピータースはこれまでの自己ベストが87m31(19年)だったが、1投目から自己新の88m96をスロー。5投目に90m19を放つと最終投てきでさらに記録を伸ばした。2位は東京五輪銀メダリストのJ.ヴァドレイヒ(チェコ)で、自身初の90m台となる90m88をマークした。

男子400mハードルでは東京五輪銅メダリストの21歳・A.ドス・サントス(ブラジル)がセカンドベストとなる47秒24で大会新V。2位には東京五輪銀のR.ベンジャミン(米国)がシーズンベストの47秒49で入った。

女子400mは東京五輪銀メダリストのM.パウリーノ(ドミニカ)が51秒20で勝ち、東京五輪4位のS.A.マクファーソン(ジャマイカ)が51秒69で2位に続いた。五輪2連覇(リオ、東京)のS.ミラー・ウイボ(バハマ)は51秒84で3位にとどまり、19年ドーハ世界選手権決勝でE.ナセル(バーレーン)に優勝を許して以来の敗戦だった。

男子走高跳は3月の世界室内選手権金メダリストの禹相赫(ウ・サンヒョク)が今季世界最高の2m33でV。東京五輪で金メダルを分け合ったM.E.バルシム(カタール)とG.タンべリ(イタリア)も出場したが、バーシムは2m30で2位、タンべリは2m20で7位だった。

男子3000m障害は東京五輪金メダルのS.エル・バッカリ(モロッコ)が今季世界最高の8分09秒66で優勝。女子3000mは2000mの世界記録保持者・F.ニョンサバ(ブルンジ)が8分37秒70の今季世界最高で制した。

女子200mは東京五輪銅メダリストのG.トーマス(米国)が大会タイ記録の21秒98(+1.3)で勝利。男子200mはドーハ世界選手権金メダリストのN.ライルズ(米国)が19秒72(+2.1)で制した。

なお、この日行われる予定だった男子棒高跳は強風の影響で競技が行われず、14日に室内競技場で実施されることになった。

今季のDLはドーハ大会を皮切りに、最終戦となる9月7日~8日のチューリッヒまで計13戦が行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com