月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子円盤投のオールマンが71m46の北米新! 21世紀以降で最高記録


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

4月8日、米国・カリフォルニア州のラホーヤで行われたトリトン招待で女子円盤投東京五輪金メダリストのV.オールマン(米国)が71m46を投げ、自身の持つ北米記録を30cm更新した。この記録は世界歴代15位、2000年以降では最も良い記録となった。

3月に68m13でシーズン初戦を迎えたオールマンは、この日の1投目に65m51を放つと、2投目に71m46をスロー。5投目にも67m38を投げた。

女子円盤投については、世界歴代の上位記録に旧東ドイツやチェコ、ソ連など東欧圏の選手が1980年代に出したもの残っており、禁止薬物が使用された疑いもあることから、記録の正当性に疑問を持つ声も少なくない。

■女子円盤投世界歴代10傑+α
76.80  G.ラインシュ(東ドイツ)  1988. 7. 9
74.56  Z.バルトノワ(チェコ)   1984. 8.26
74.56  I.ヴィルッダ(東ドイツ)  1989. 7.23
74.08  D.ザクゼ(東ドイツ)    1987. 6.20
73.36  I.メシンスキー(東ドイツ) 1984. 8.17
73.28  G.サヴィンコワ(ソ連)   1984. 9. 8
73.22  T.フリストワ(ブルガリア) 1987. 4.19
73.10  G.バイアー(東ドイツ)   1984. 7.20
72.92  M.オピッツ(東ドイツ)   1987. 8.20
72.14  G.ムラショワ(ソ連)    1984. 8.18
15位 71.46 V.オールマン(米国)  2022. 4. 8

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com