HOME ニュース、国内

2022.04.10

田澤廉 日本選手権1万mへ弾みつく5000m自己新 世界選手権目指して仕上がり順調/金栗記念
田澤廉 日本選手権1万mへ弾みつく5000m自己新 世界選手権目指して仕上がり順調/金栗記念


◇第30回金栗記念選抜中長距離2022(4月9日/熊本・えがお健康スタジアム)

男子5000mには、駒大のエース・田澤廉が今季初戦として出場した。

10000mで昨年12月に日本歴代2位の27分23秒44をマーク、オレゴン世界選手権参加標準記録(27分28秒00)を突破しており、このレースは、「日本選手権(10000m、5月7日)に向けて弾みをつける」ために臨んだ。

序盤は、実業団の外国人選手や塩尻和也(富士通)らが先頭争いを牽引。田澤は常に上位をうかがえる位置でレースを進めた。

「塩尻さんや、オリンピックの5000mを走った坂東(悠汰、富士通)さんといった選手がいる中でも、自分は負けないと思っていました。日本人トップを獲るのは当たり前だと思っていたので、日本人2〜3番あたりで、3000mまで余裕を持って走るレースがしたかったです。それができたのは良かったです」

1周64秒前後のペースを刻み、1000mを2分42秒、2000mを5分20秒、3000mを8分02秒で通過しても、田澤には余裕があった。3000mを過ぎて塩尻が後退した後も、田澤は外国人選手が形成する集団に食らいつく。

その後、キプランガット・ベンソン(SUBARU)、スタンネリー・ワイザカ(ヤクルト)、ジャクソン・カベサ(Honda)の外国人選手3人が抜け出したが、「あそこでついても良かったけど、身体的に(疲労が)残りそうな感じがあったので、やめました」と、1ヵ月後を見据え、無理をする選択を敢えて取らなかった。

それでも、第2集団には「大学界の唯一のライバル」というイェゴン・ヴィンセント(東京国際大)がおり、4000m過ぎにはヴィンセントの前を走る場面もあった。

ラスト100mでヴィンセントにかわされたものの、田澤は13分22秒63で5位。有言実行の日本人トップでフィニッシュした。

「最後、ヴィンセント選手に抜かれてしまったのは不満ですが、全体的には良かったと思う。そんなに追い込んだ感じもしていないので、良い刺激が入ったと思います」

タイムは学生歴代8位、日本人学生では歴代6位。昨年7月のホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会でマークした自己記録(13分29秒91)を7秒以上更新した。

ただ、これもまた、田澤にとっては、ほぼ想定通りのタイム。

「(大八木弘明)監督から『13分19秒ぐらいでいければ』と言われましたが、自分の中では13分19秒だと結構(疲労が)残るかなと思っていたので、13分20秒から25秒ぐらいかなと思っていました。5000mの練習をすれば、もっと行けると思いますが、自分には5000mが専門という意識はありません。10000mで、いかに余裕を持ちながら5000mを通過できるかが大事なので、5000mという種目はこれぐらいでいいのかなと思っています」

すべてを出し切らないのが田澤の伸びしろの部分でもある。次戦はいよいよ日本選手権10000m。初の世界選手権代表に向けて、仕上がりは順調のようだ。

文/福本ケイヤ


◇第30回金栗記念選抜中長距離2022(4月9日/熊本・えがお健康スタジアム)

男子5000mには、駒大のエース・田澤廉が今季初戦として出場した。

10000mで昨年12月に日本歴代2位の27分23秒44をマーク、オレゴン世界選手権参加標準記録(27分28秒00)を突破しており、このレースは、「日本選手権(10000m、5月7日)に向けて弾みをつける」ために臨んだ。

序盤は、実業団の外国人選手や塩尻和也(富士通)らが先頭争いを牽引。田澤は常に上位をうかがえる位置でレースを進めた。

「塩尻さんや、オリンピックの5000mを走った坂東(悠汰、富士通)さんといった選手がいる中でも、自分は負けないと思っていました。日本人トップを獲るのは当たり前だと思っていたので、日本人2〜3番あたりで、3000mまで余裕を持って走るレースがしたかったです。それができたのは良かったです」

1周64秒前後のペースを刻み、1000mを2分42秒、2000mを5分20秒、3000mを8分02秒で通過しても、田澤には余裕があった。3000mを過ぎて塩尻が後退した後も、田澤は外国人選手が形成する集団に食らいつく。

その後、キプランガット・ベンソン(SUBARU)、スタンネリー・ワイザカ(ヤクルト)、ジャクソン・カベサ(Honda)の外国人選手3人が抜け出したが、「あそこでついても良かったけど、身体的に(疲労が)残りそうな感じがあったので、やめました」と、1ヵ月後を見据え、無理をする選択を敢えて取らなかった。

それでも、第2集団には「大学界の唯一のライバル」というイェゴン・ヴィンセント(東京国際大)がおり、4000m過ぎにはヴィンセントの前を走る場面もあった。

ラスト100mでヴィンセントにかわされたものの、田澤は13分22秒63で5位。有言実行の日本人トップでフィニッシュした。

「最後、ヴィンセント選手に抜かれてしまったのは不満ですが、全体的には良かったと思う。そんなに追い込んだ感じもしていないので、良い刺激が入ったと思います」

タイムは学生歴代8位、日本人学生では歴代6位。昨年7月のホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会でマークした自己記録(13分29秒91)を7秒以上更新した。

ただ、これもまた、田澤にとっては、ほぼ想定通りのタイム。

「(大八木弘明)監督から『13分19秒ぐらいでいければ』と言われましたが、自分の中では13分19秒だと結構(疲労が)残るかなと思っていたので、13分20秒から25秒ぐらいかなと思っていました。5000mの練習をすれば、もっと行けると思いますが、自分には5000mが専門という意識はありません。10000mで、いかに余裕を持ちながら5000mを通過できるかが大事なので、5000mという種目はこれぐらいでいいのかなと思っています」

すべてを出し切らないのが田澤の伸びしろの部分でもある。次戦はいよいよ日本選手権10000m。初の世界選手権代表に向けて、仕上がりは順調のようだ。

文/福本ケイヤ

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

男子短距離の多田修平(住友電工)が自身のSNSを更新し、6月2日に行われる日本GPシリーズの布勢スプリントを欠場すると発表した。 多田は100mで10秒01の自己記録を持ち、東京五輪代表。今年は世界室内60mでファイナル […]

NEWS 7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top