月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

セイコーゴールデングランプリ男女ハードルに泉谷駿介、寺田明日香らがエントリー! 東京五輪代表が多数出場予定


5月8日に開催されるセイコーゴールデングランプリ(東京・国立競技場)の男子110mハードル、400mハードル、女子100mハードルの出場予定選手が発表された。

男子110mハードルは日本記録(13秒06)保持者の泉谷駿介(住友電工)や高山峻野(ゼンリン)といった五輪代表と、村竹ラシッド(順大)が出場予定。男子400mハードルには、昨年の東京五輪出場の山内大夢(東邦銀行)や黒川和樹(法大)、安部孝駿(ヤマダホールシングス)ら5名がエントリーしている。

女子100mハードルはともに日本記録(12秒87)保持者で昨年の東京五輪代表の寺田明日香(ジャパンクリエイト)、青木益未(七十七銀行)が出場予定。

既に男子100mの出場予定選手が発表されており、今後もエントリー選手などが決定・追加されていく。

■男子110mハードル出場予定選手
泉谷駿介(住友電工)
村竹ラシッド(順大)
高山峻野(ゼンリン)

■男子400mハードル出場予定選手
黒川和樹(法大)
山内大夢(東邦銀行)
安部孝駿(ヤマダホールディングス)
豊田将樹(富士通)
岸本鷹幸(富士通)

■女子100mハードル出場予定選手
寺田明日香(ジャパンクリエイト)
青木益未(七十七銀行)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com