月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

競歩「国別対抗戦」が今夜開幕!五輪メダルの池田と山西、入賞の川野ら最強布陣/世界競歩チーム選手権


東京五輪男子20km競歩銀メダルの池田向希(左)、銅メダルの山西利和(愛知製鋼)が参戦(写真=Mochizuki Jiro/Agence SHOT)

 

第29回世界競歩チーム選手権は3月4日~5日の2日間、オマーンの首都・マスカットで行われる。2020年にベラルーシ・ミンスクで開催予定だったがコロナ禍の影響で延期となり、中東に舞台を移して4年ぶりの開催を迎える。

中国・太倉で行われた18年の第28回大会は、日本は男子20km、50kmを個人、団体ともに制するなど大躍進。今大会も東京五輪代表5人をはじめとした布陣で、再び世界の頂点を取りに行く。なお、今回が50kmから35kmに変更される初の世界大会となる。

日本勢の口火を切るのは、4日16時(日本時間21時)スタートの女子20km。東京五輪代表の藤井菜々子(エディオン)がただ1人出場する。前回はU20の10kmで銅メダルを獲得。U20世界選手権10000m競歩4位などを経て、翌年のドーハ世界選手権7位へと一気に駆け上がった。東京五輪は13位で入賞を逃したが、またこの大会を世界へのステップとする。

5日は「連覇」がかかる男子が登場。まずは7時(日本時間12時)に35kmが行われ、東京五輪50km6位入賞の川野将虎(旭化成)、同じく東京五輪代表の勝木隼人(自衛隊体育学校)、髙橋和生(ADワークスグループ)の3人が出場する。

注目はやはり川野。35kmは初挑戦だが、50kmで3時間36分45秒の日本記録を持ち、20kmの自己ベストは日本歴代3位の1時間17分24秒とスタミナ、スピードを兼ね備え、最も適した距離と言えるかもしれない。五輪ではレース途中で嘔吐するアクシデントがありながらも入賞を確保。50kmだった前回は日本勢がメダル独占を果たしており、その歴史をつなぐことができるか。ライバルは東京五輪50km銅メダルのエヴァン・ダンフィー(カナダ)、15年北京世界選手権20km金メダルのミゲル・エンゼル・ロペス(スペイン)、中国勢らになりそうだ。

そして大会のフィナーレとして16時(日本時間21時)にスタートするのが男子20kmだ。前回王者の池田向希(旭化成)、ドーハ世界選手権金メダルの山西利和(愛知製鋼)、諏方元郁(愛知製鋼)の3人が挑む。

東京五輪は池田が銀メダル、山西が銅メダルを獲得し、同種目で日本に初の五輪メダルをもたらした。今大会はこの2人を抑えて金メダルに輝いたマッシモ・スタノ(イタリア)は不参加のため、海外勢を含めても実績はダントツ。エントリー選手の自己ベストでも日本歴代2位の1時間17分15秒を持つ山西、同4位の1時間17分25秒を持つ池田がワン・ツー。五輪メダリスト同士のマッチレースになる公算が高そうだ。

ともに五輪後の初レースで、東京では叶わなかった五輪金メダルに向けての、これが第一歩となる。

文/小川雅生

■世界競歩チーム選手権日本代表
・男子
20km競歩
池田向希(旭化成)
山西利和(愛知製鋼)
諏方元郁(愛知製鋼)
35km競歩
川野将虎(旭化成)
勝木隼人(自衛隊体育学校)
高橋和生(ADワークスグループ)
・女子
20km競歩
藤井菜々子(エディオン)

■タイムテーブル ※カッコ内は日本時間
3月4日
8:00(13:00) U20女子10km
9:10(14:10) U20男子10km
16:00(21:00) 女子20km
3月5日
7:00(12:00) 男女35km
16:00(21:00) 男子20km

※日本勢出場種目はYouTube『TBS陸上チャンネル』にてLIVE配信予定

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com